目覚めると裸で縛られていた私

・作

彼氏のいつもとは違う責められ方に尋常じゃないぐらいに感じてしまい、認めたくない気持ちとは裏腹に体はどんどん激しい愛撫を欲しがってしまう。こみ上げてくる快感にもう我慢できなくなってしまい、気づくと自ら腰を振ってしまっていた。

「ね、太一…これ…外してよッ」

「いや、今日はこのままヤろうぜ、なずな」

退社後、私はいつものように彼氏である太一の家に寄り、そこでつい一寝入りしてしまった。

ただそれだけだったのに、起きたらこのさま…。

手を後ろで縛られ、下半身も紐で縛られ、脚を開いた状態に固定されている。

足を閉じることも、伸ばすこともできないまま私はベッドに寝かされていた。

「やッ…こんなの…恥ずかしい…っ」

「そうかァ、結構、似合ってんのに」

にやりと笑う太一…なぜ寝てしまったのかと深く後悔するも後の祭りだった。

すでに私は太一に捕らえられ、逃げ出すことは不可能だ。

「ばっ…あッ…」

「それに…もう濡れてたりして」

寝ている間にどうやって脱がせたのか、私は裸で縛られている。

わざわざ手で広げずとも見える私の秘部を、太一は撫で回しながらゆっくりと広げる。

「な、何言って…や、ちょっ…あっ」

「へェ…どろどろじゃねェか…」

二本の指で襞を押し広げられ、露になった膣口からは透明で厭らしい匂いのする液体が溢れていた。

まるで視姦…ベッドにできた私の染みを見て、太一は歓喜の口笛を吹く。

「ッ…」

「まだ触ってもねェのに、なずなって結構こういうの好きなんだろ」

好きかなんてわからない。

縛られること自体が初めてで、ただ異常に濡れてしまう自分の秘部を太一に見られてしまうことが恥ずかしくてたまらない。

「違…っ、嫌…やめてッ…」

「そうやって嫌がる顔もまた堪んねェよ…」

太一がそう不敵に笑う時は、もう逃げられないことを意味している。

だけど、わずかに残る私の理性で、太一から逃れようと体をねじった。

「ッは…や、ああ…」

「ここだって、もう勃ちまくってんじゃねェか」

人差し指と親指で胸の突起をきつく摘まれ、鋭い刺激がそこを中心に駆け抜ける。

体に力を入れようとするが、胸の突起を刺激されると力がどんどん抜けていく。

「や、だァ…っ…ひ…あッ」

「痛くされんの、好きなんだろ」

普段の胸の愛撫も決して優しいものではないけれど、今日の太一の愛撫は力加減がまるでない。

だけど、なぜだかいつも以上に身体がその痛みを欲しがってしまう。

「太一ッ…やあっ…んああッ」

「…胸だけでイッちまったのかよ…なずなって本当、エロいよなァ」

縄が身体に食い込み、途端に激しい衝撃が爪先から頭上へと駆け抜ける。

情事を始めてからたった数分で迎えた絶頂の速さに太一は喉を鳴らして笑った。

「太一…外してよ…ォ」

「まだまだ、ここだってまだ触ってねェんだぜ」

今度は、達したばかりの私の膣口にいきなり3本、指をねじ込んでくる。

まだ収縮を繰り返す私の膣口は太一の指をあっさりと飲み込み、それを離すまいと絡む。

「ひゃんッ…そこ、や…だァ…っ」

「嘘つけ、気持ちいいくせに」

体は相変わらず正直だなと付け足し、太一は指をくの字に曲げ、執拗に天井を擦る。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

Please rate*

カテゴリー

月間ランキング

  1. 年下で金髪で絶倫のオトコのコ

    アンノアンズ35169Views

  2. 秘密のセラピーはスイートルームで

    アンノアンズ28525Views

  3. スクープの代償、弄ばれる記者の性

    アンノアンズ19680Views

  4. 金で男を買う女

    桜花19520Views

  5. 同棲中のカレにエッチなおねがい

    愛衣17897Views

  6. ひ弱な彼が野獣に変わる夜

    蓮根小万峙14633Views

  7. おれと一線を越えてよ

    蜜豆14053Views

  8. アトリエの淫声

    アンノアンズ12240Views

  9. あなたは私のはじめての人

    蜜豆11320Views

  10. はじめての前にオナニー ~ おもちゃで乱れる私に彼も興奮を隠しきれないみたいで…

    夢峰子10069Views

最近のコメント

人気のタグ

えろい ベッド以外 彼氏 ラブラブ キス 愛のあるSEX あまあま 愛撫 我慢できなくて ちょっと強引に いじわる クンニ クリトリス 思わぬ展開 イキっぱなし クリ責め 敬語 スリル フェラ 挿入なし 言葉責め 乳首責め 好きな人 年上の男性 焦らしプレイ 大人の余裕 潮吹き かなりえろい 胸きゅん 酔って

すべてのタグを見る

作家一覧

  • 柚木梓澄 (16)
  • 桜花 (15)
  • sabatsuna (13)
  • 蕎麦枕 (12)
  • 蜜豆 (11)
  • 白藍 (10)
  • 胡桃花 (9)
  • かりん (6)
  • 眉子 (6)
  • miho (5)
  • 床井 (5)
  • アンノアンズ (5)
  • ルビ (4)
  • 夢峰子 (4)
  • あすか (4)
  • 冬宮あみ (4)
  • シーラモンド (3)
  • ひめいちご (3)
  • アーニャ (3)
  • Maggie (3)
  • 王林 (3)
  • winter3332 (2)
  • 愛衣 (2)
  • 哀凪 (2)
  • 雪池 (2)
  • 将軍 (2)
  • 黒猫 (2)
  • melody (1)
  • 蓮根小万峙 (1)
  • ミチル (1)
  • ハトフク (1)
  • ヤスノ (1)
  • 笹川よる (1)
  • 柊なな (1)
  • ミニミニ (1)
  • minorin (1)
  • ミソラ (1)
  • 桔梗楓 (1)
  • 森野ひつじ (1)
  • bell (1)
  • 七瀬 (1)
  • たからやままおり (1)
  • emily (1)