彼氏の出張中、何度オナニーをしたかわからないのに、彼氏からオナ指示されて、今までにないぐらいに濡れてしまう私

・作

彼氏との電話中にムラムラしてしまい、オナニーを自然と始めてしまう。彼氏に気づかれてしまい、普段なら恥ずかしくて絶対に嫌なのに、彼氏からのオナ指示でクリトリスを触る指が止められなくて、どんどん激しくなっていく…

「もしもーし」

「わわわ…珍しいね。どうしたの急に」

聖弥からの電話に、私は驚いた。

「んー。陽奈の声聞きたくなったから」

「私も。やっと聖弥の声聴けた」

聖弥と同棲を始めてから一年経つ。

だけど月の半分は出張で、今だって聖弥は出張先のホテルにいる。

いつだって忙しい聖弥。

出張中、電話がかかってきたことなんてほとんどない。

「明日帰ったら会えるんだけどね。なんかいつもより陽奈不足」

「確かに私も聖弥不足かも。早く会いたいなぁ…」

滅多に電話なんてかかってこないからか、聖弥からの電話が嬉しい。

お風呂上がりにソファでごろごろして、危うく寝てしまうところだった。

「陽奈、今何してんの」

「えーっとね、さっきお風呂出たところで、ちょっとごろごろしてた。寝る寸前だったかも」

だと思った、と笑う聖弥が今どんな顔をしてるか想像がつく。

ちょっと悪戯っぽく笑う聖弥。

電話なんてすると、余計に会いたくなってしまう…。

「あー…早く陽奈をぎゅーってしながら寝たいわ…」

私も、毎日毎日、仕事で仕方ないとはいえ、愛する旦那様のいないベッドは広すぎて寒い。

それに…。

「ね、陽奈…なんか、息荒いけど…」

「ん…だ、だって…」

聖弥の声が耳元で聴こえて、体が疼かないわけがない。

私はパジャマの上からゆっくりと胸に触れていた。

「俺の声でエッチな気分になっちゃったんだ」

「あ……っ、だって、もう1ヶ月半も一人なんだもん……ふ、ぁ」

聖弥の声、手つきを思い出しながら何度も自分を慰めた。

今日は特に、聖弥の声が耳元で聞こえるから、余計にエッチな気分になってしまう。

「陽奈、今どこ触ってんの」

「んっ…胸……っあ…」

本当は聖弥に触ってほしい。

だけど聖弥がいない今、私は自分で自分の胸を左手でゆっくりと揉みしだく。

「じゃ、そのまま乳首触って…いつも俺が触るみたいにさ」

「あ…ああ…っん、聖弥…っ」

少し恥ずかしいけれど、疼いてしまった体をどうにも鎮めることができそうにもなく、私は言われるがまま自分の指で乳首に触れる。

「陽奈のエロい顔見たくなってきたからテレビ電話に切り替えるわ。陽奈も、俺に見えるように携帯置いて」

いつもの私なら恥ずかしくてできないだろう。

だけど、まるで魔法にかかったように、私は聖弥に見えるように携帯をソファの前のテーブルに置いて固定する。

しばらくすると聖弥の顔が映り、私は一気に恥ずかしくなってしまった。

「思った通り、すげェ厭らしい顔してるね、陽奈」

「や…恥ずかしい…っ」

目の前に聖弥がいる…それだけで身体がどんどん熱くなってしまう。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな57894Views

  2. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな49746Views

  3. 官能小説を読んでいるのが男友達にバレました

    十月夏葵38797Views

  4. 大好きな彼氏に嫌われたくなくて、執事に頼んでエッチなレッスンはじめました。

    八代もも32172Views

  5. 別れた元カレの部屋で二人きり。心の中で彼女に謝りながら今夜だけの関係を求めたら…

    八代もも22480Views

  6. 止まらない振動に快楽堕ち

    天音澪莉19348Views

  7. 媚薬を盛られて仕方なくワンナイトのつもりだったのに…

    baisu18789Views

  8. 愛し合って、ぬくもりを。

    天音澪莉15028Views

  9. アプリで知り合った10歳年上の男性と初めての中イキ

    黒子せな13809Views

  10. 推しの彼と二人だけの秘密

    勝田13099Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 中出し 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る