執事のつとめ

・作

女子大生の梢お嬢様はえっちなことに興味津々。専属執事の三雲には、お嬢様から『教えて』といわれたら逆らえないという執事の決まりが。ある日お嬢様から「素股ってなぁに?」と質問され、三雲は身体を使ってレクチャーすることに…!

「すまたってなぁに」
「…はい?」

紅茶を淹れていた手が止まる。
素股?聞き間違いだろうかと顔を上げると、とんでもない質問をしてきた声の主――梢さまは、真面目な顔で真っ直ぐに私を見ていた。
私、三雲が身の回りのお世話を仰せつかっているこの梢さまは、日本で名前を知らない者はいない一流企業のご令嬢である。
三雲家は何代も昔からやんごとなき彼女の一族に仕えており、当然その流れに乗っていた私が中学生のときにお生まれになった梢さまの専属になって、もう20年が経とうとしている。
小学校に上がるまで私を兄だと思いこんでいた梢さまが、もう大学を卒業されるような年齢になったんだと感慨深くなった。

「ねぇ、聞いてる?」
「すみません、少し昔のことを」

軽く咳払いをして、ベッドに腰かけている彼女にソーサーごとティーカップを渡す。
それには目もくれず、梢さまはもう一度私の目を見据えた。

「すまたってなに?」
「…どこでそんな言葉を?」
「大学。友達がセックスできないならすまたにしたらって」

女子大の方が共学よりも飛び交う下ネタがエグいというのは本当なのだろうか。
タイツに包まれた脚をぱたぱたさせながら、梢さまはしれっと言い放った。
幼少のみぎりから女子校の箱入り教育のおかげか、それともその弊害か、梢さまは色ごとに関して疎い。
私の知る限りでは身内以外の異性と手を繋いだこともないだろうし、そんなことを許せば私の首にかかわる。
だから尚更たちが悪いのだ。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな57905Views

  2. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな49755Views

  3. 官能小説を読んでいるのが男友達にバレました

    十月夏葵38811Views

  4. 大好きな彼氏に嫌われたくなくて、執事に頼んでエッチなレッスンはじめました。

    八代もも32172Views

  5. 別れた元カレの部屋で二人きり。心の中で彼女に謝りながら今夜だけの関係を求めたら…

    八代もも22487Views

  6. 止まらない振動に快楽堕ち

    天音澪莉19349Views

  7. 媚薬を盛られて仕方なくワンナイトのつもりだったのに…

    baisu18794Views

  8. 愛し合って、ぬくもりを。

    天音澪莉15029Views

  9. アプリで知り合った10歳年上の男性と初めての中イキ

    黒子せな13819Views

  10. 推しの彼と二人だけの秘密

    勝田13099Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 中出し 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る