オオカミ旦那は番の蜜を吸って舐めて食べ尽くす

・作

貧乏な実家のため、さる旧家に嫁ぐことになった鈴。年上の旦那様はどことなくワイルドでかっこいいけど、鈴の愛液が大好物で!?処女なのにイッてもイッてもアソコを舐められて吸われて、気が狂いそう。しかし、鈴はだんだん旦那様から与えられる快楽に夢中になってきて…。

まだ日も高いうちから、鈴は真っ白い夜着を纏って寝間にいた。

石のように身体を固くして、神経質なまでに整えられた布団の上にちょこんと正座している。

先日二十歳を迎えたばかりで、少女といっても差し支えないほど、あどけなさの残る顔は、まるで死刑宣告を受けた囚人のように強張っていた。

それもそのはず、鈴は身売り同様の経緯で、この場にいるのである。

家族を養う銭の代わりに、この屋敷の主の妻となり、今日ついに抱かれるのだ。

時代錯誤と笑うことなかれ、屋敷に住まう一族は遡れば平安貴族にも通じる旧家らしく、当主は代々、少々特異体質を抱えているという。

その体質ゆえに、鈴は探し求められ、買われたのだった。

「鈴」

「は、はい!」

光が届かぬほど部屋の奥にいた影が、ぞろりと動いた。

わずかな酒精の香りが、鈴の鼻腔をくすぐる。

音もなく、布団の上に腰を下ろしたのは、狼のような鋭い眼光の大男だった。

灰褐色の艷やかな長い髪は下ろされており、精悍(せいかん)な顔が鈴を見て柔らかくほころぶ。

「そんなに緊張せずともよい。別にとって食うわけでもなしに」

「も、もうしわけ、ございません…ただ、こういったことは初めてで…」

「そりゃそうだろうな、生娘でなければ困るらしいから」

考えが古くて参る、と男があっけらかんと笑う。

男こそが屋敷の主である、朔弥だった。

三十代前半で、鈴とは一回り以上年が離れている。

しかし、朔弥の気品と野生みが混ざった魅力に、鈴はくらくらと目眩がする思いだった。

「今日から長い。長いということは、お互いを知り合ういい機会だ。よろしく頼むぞ、奥方どの」

「こちらこそ、どうぞ末永くよろしくお願いします…旦那様」

鈴が三つ指を突いて頭を垂れると、そのうなじに朔弥の唇が落とされた。

とたんに、びくりと鈴の身体が震える。

しかし、朔弥は構わずに鈴の首を噛んだ。

「ああ、愛でるぞ。鈴」

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu66151Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満40178Views

  3. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA28301Views

  4. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛28148Views

  5. 女性をイカせるための機械開発

    夏野27846Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑25638Views

  7. 聖女様のお仕事

    AYA22167Views

  8. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑20987Views

  9. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野18539Views

  10. 10歳年下の少年野球のコーチに迫られ、久しぶりの快感に震えるシングルマザー

    ウスノワメビ18038Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし 好きな人 ちょっと過激に スリル 中出し OL

すべてのタグを見る