思い出の貴方と現在の貴方

・作

シオリは6年ぶりに日本に帰ってきた。その足で思い出の場所に行き、思いがけない人と再会する。フォトグラファーになるきっかけを作った、当時付き合っていた彼が母校の教師としてシオリの目に現れたのだった。戸惑うシオリに彼は…

シオリは日本に着いて、すぐカメラと必要最小限の物だけ持ってその場所に向かった。

1週間後に迫った写真展の準備をするために。

日曜日の午後、グラウンドで部活をする生徒はいるが、校内はひっそりしていた。

約束の時間まで、時間がまだあると、シオリは校内の中庭に足を向けた。

中庭には大きな桜の木がある。

シオリがフォトグラファーになったきっかけの場所でもあり、今回の個展のため、その原点になった場所をレンズに収める許可を取っていた。

中庭に着くと桜の木は存在していて花弁が舞い散っていた。

(6年前は、花の舞い散る前だったな)

懐かしさに目を細めて眺めるシオリは、木を背に座っている人に気づいた。

(…まさか…)

シオリに気づいたその人が立ち上がり近づいてくる。

「お待ちしていました。写真部の顧問で今日の案内役の広瀬です。ここではなんですから、写真部の部屋で予定の確認をお願いします」

「わかりました。今日はお願いします」

シオリは広瀬の後をついていった。

*****

現像液のニオイに混じって微かに甘酸っぱい体液のニオイ。

薄暗いその部屋でシオリは広瀬に秘部を舌で嬲(なぶ)られている。

「舐めても舐めても溢れてきて、ココも昔はこんなに大きくなかったのに…離れている間に随分、シオリは変わってしまったんだね」

「あ、んな…学生時代の…ぁっ…約束なんて…」

「ま、僕も本気にはしてなかったけど…君がこうして日本に戻ってくるまでは…」

シオリと広瀬は高校の同級生だった。

シオリは写真部に所属していて、通っていた学校は写真部の部員が卒業アルバムの写真を担当することになっている

高2のとき、シオリは卒業アルバムの担当になり、その時生徒会長になったばかりの広瀬と卒業アルバムの制作をすることになった。

それをきっかけに2人は付き合い始めた。

「タカシこそ…な、んで…教師…ゃっ…そこ…ダメッ…」

「相変わらずここ弱いんだ」

蜜口を弄んでいた舌は上の突起に移り、タカシの指がシオリのいい所を摩擦してきた。

「ぁぁ、そうだね。なぜ教師にかって?親父の仕事を継ごうとしたんだけど、君と同じように夢を諦めることができなかったんだよ…」

タカシはそう寂しそうに笑った。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu68558Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満39278Views

  3. 女性をイカせるための機械開発

    夏野33355Views

  4. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA27651Views

  5. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛27490Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑25104Views

  7. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑22627Views

  8. 勘違いな片思い

    月島満20125Views

  9. 聖女様のお仕事

    AYA19711Views

  10. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野17883Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル 中出し OL

すべてのタグを見る