浮気性の彼と別れるため、後輩にハメ撮りしてもらいました?!

・作

浮気性の彼が同じ職場の後輩に手を出した。今までは知らない子だからと許してきたが今回は別れる決心がついた。そこで彼にも同じ目に遭わせようと、職場のチャラい後輩にお願いしたら、久しぶりのセックスに夢中になって、ついつい中出しをお強請(ねだ)りしてしまう…。

「ねぇ、私とヤラない?」

「いいですよ。でもナミさん、企画部の彼氏がいましたよね?」

「いるよ。だ、か、ら、だよ。じゃ、今からシよ。ロビーに10分後」

定時が過ぎ、帰ろうとしていたシンゴに手早く耳打ちして、ロッカーにナミは向かった。

*****

「…で、彼と別れたいから俺とヤると…」

この頃、彼氏としっくりこなかったナミ。

付き合って1年が経つがその間、彼氏は浮気を繰り返していた。

2日前、約束はしていなかったが、ふと思いついて彼のアパートに行く。

そして、彼がナミの後輩と関係を持っていたことを知ったのだった。

「前は、私の知らない子だったからなあなあにされたけど、今回はちょっと許せない!」

「だからチャラい俺が選ばれたって?俺、社内はなしですけど…」

シンゴは仕事のできる、後輩で期待の社員。

しかし、女性絡みの噂が耐えない男でもあった。

「え、意外。社内でも食い散らかしてるのかと…」

「食い散らかし…ちょっと酷くありませんか?」

「1回だけよ。後、私のスマホで撮ってね」

「ハメ撮り?!」

「前、別れようとしたとき失敗したから。あ、ちゃんと私の顔写してね」

「大胆ですねってか投げやり?ま、でも楽しそうだからいいですよ」

軽く食事を済まし、ナミの部屋に着いたシンゴはネクタイを緩めながら、早急にナミを押し倒し、キスをした。

彼氏とはすれ違ってばかりいたナミ。

シンゴとのキスは久しぶりで官能を引き出されキスが終わったときにはトロトロに蕩けきっていた。

ベッドルームにもつれ込み、お互いの服を脱がせながら絡みあう。

キスだけでスイッチが入ってしまったナミの秘裂はジュワリと漏れショーツにしみをつくる。

「ねぇ、もう、挿れて…」

「まだどこも触ってないよ」

「ほら…」

耐えきれず、シンゴの手をナミは自分の秘裂を覆う布に触れさせた。

クロッチのすき間からシンゴの指が入りクチュクチュと厭(いや)らしい音をたてる。

「グチョグチョ…ナミさん、エロい」

「だから、早くちょうだい!」

シンゴの手を導いた自分の手はクロッチを端によせ、秘裂上のポッチを慰める。

もう片方の手はシンゴの雄をパンツ越しに撫でつけた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu68622Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満39285Views

  3. 女性をイカせるための機械開発

    夏野33367Views

  4. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA27676Views

  5. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛27497Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑25104Views

  7. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑22643Views

  8. 勘違いな片思い

    月島満20137Views

  9. 聖女様のお仕事

    AYA19796Views

  10. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野17908Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル 中出し OL

すべてのタグを見る