彼の送別会のその後は…

・作

今日はバイトの彼の送別会。1週間前に私は彼に意味深な言葉で誘われていて…冗談だと思っていたのに彼は本気だった。思い出が欲しいと言われ、ホテルについて行き、旦那とは違う男に激しく抱かれ、気をやってしまった私は…

――タカヤ君、この後大丈夫かしら…

今日はタカヤの送別会。来月からタカヤは就職前のインターンシップに入るため、ミキコがパートで働いている喫茶店のバイトをやめる。

――あの言葉は本気だったのかしら

1週間前に、ミキコとシフトが重なった。パートが終わりロッカーで帰り支度を始めていたミキコに休憩に入ってきたタカヤが言った。

「来週の俺の送別会、予定ありますか?」

「ん?送別会に出席するってオーナーには伝えたよ。どうしたの?」

「そ…の…後の予定なんかは…」

「その日、私が送別会出るって言ったら旦那が、じゃ俺実家に返ってゆっくりするから私も楽しんでおいっでって、だから2次会があったら行けるよ!」

「そうですか…じゃ、その後俺にミキコさんの時間を下さい。」

――………あれってどういう意味だったんだろう?

1週間前の出来事を思い出していたミキコは送別会が終る挨拶で我に帰る。

2次会はないらしい…。後片付けを皆で済ませ終わった人からそれぞれに帰っていく。

ミキコも帰り支度が済み、オーナーに挨拶をして家に帰ろうと店を出て歩きだした。少し経ったところで見知った影が佇んでいる。

「約束、覚えてますか?」

タカヤはミキコの手を取り、歩きだした。

*****

ミキコはタカヤが自分をどんな気持ちで見つめているかはそれとなく気づいていた。

ミキコもタカヤのことを年下だが、男として意識していた。

だから、ホテルまでついてきた。

「本当にいいんですか?」

「今更?タカヤ君がココから離れる前に私との思い出が欲しいって…いいよ、来て」

「ミキコさん…」

「今だけはミキコって呼んで…」

「…っくっ…」

微笑んで両手を広げたミキコにタカヤは荒々しく唇を塞ぎ、ベットに押し倒す。

タカヤは早急にミキコの中に押し入って来たが、普段と違う相手、背徳感も伴いミキコの身体は反応して難なくタカヤの欲を受けとめていた。

「…ぁっ、ぁぁ…そ、そこっっ…」

ハアハアと荒い呼吸でパンパンと腰を激しく叩きつけるタカヤ。

ミキコはグチュグチュと蜜口で受け入れ、甘い吐息とともに嬌声を奏でる。

室内に籠もる淫靡な空気と若い雄の熱気にミキコは酔いしれていた。

「あ、ぁぁ、ミキコ…ぉ、俺…」

「んふっ…ぁ、ゎ、たしも…ぃくッッ、ぃく…タカヤ、ゃゃっっっ…」

ドピュドピュと子宮口に膜越しに熱した精を受け、ミキコはビクビクッとお腹を痙攣させイッた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 後輩に媚薬を盛られて、彼氏と後輩にめちゃくちゃにされちゃった

    夢咲 花笑52707Views

  2. 出張の夜、優しいイケメン同期が豹変。強引な愛撫に溶かされて…

    chiharu52090Views

  3. エロボイス配信者なお隣さんとおねだりエッチ

    chiharu39178Views

  4. 義兄の甘やかな執着。媚薬で溺れた私は義兄に処女を差し出した…

    chiharu31763Views

  5. ロールキャベツ男子は二度美味しい

    十月夏葵22933Views

  6. 二度目の初体験

    月島満22173Views

  7. 夫との営みに不満を持っていた私。自分ばっかり気持ちよさそうな夫に腹が立って上になってみたら…!?

    夢咲 花笑21214Views

  8. 雨宿りから発展した同期との仲

    夢咲 花笑19915Views

  9. 色魔に取り憑かれた私の長い一日

    AYA18721Views

  10. 彼に構ってもらえなくて、寝ている彼の横でオナニーを始めた私

    夢咲 花笑18433Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛のあるSEX 愛撫 キス クリ責め クンニ ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ ラブラブ ベッド以外 乳首 働く女性 潮吹き いじわる 言葉責め 彼氏 胸きゅん フェラ 年下クン 年上の男性 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル えろい 中出し

すべてのタグを見る