鬼畜執事

・作

アダルトグッズを執事に見つかってしまったマリカ。口止め料として体を弄ばれる。執事のテクニックにどんどん開発される体…。オーガズムへ達した時、淫靡な本性が目を覚ます…!

「あぅっ…もう取って…」

マリカは脚を大きく開くと、蜜壺に手を伸ばした。

「お嬢様、抜いてはだめですよ」

執事の椿原が、マリカの手首を掴む。

眼鏡の奥の瞳が、ギラっと妖しく光った。

「我慢すると約束したじゃないですか」

「お願い…もう…だめぇ…あああッ」

溢れ出した愛液がローターの動きを加速させる。

淫肉を押し上げる卑猥な音が、いっそう大きくなった。

「この音…いやぁ…」

「何をおっしゃいますか。これはお嬢様が感じている証なのですよ。グチュグチュと淫らな水音を立てながら、ナカをうねらせているのです」

白手袋をはめた右手が、ローターのリモコンの目盛りを上げた。

「ああああっだめぇ…!このまま…イっちゃうぅぅッ」

「お嬢様、イったらどうなるか…お忘れですか?」

椿原が耳元でねっとりとささやいた。

そして、マリカの鼻先に真新しいディルドを突き出した。

「これの存在を、ご当主様に報告しなければなりません」

「…いやっ!椿原…それだけはやめて!」

太いシリコン製のペニスが、プルンッと目の前で揺れる。

マリカは恥ずかしさに顔を赤らめると、玩具の男根から目を逸らした。

「ご自分でお買いになったのでしょう?このディルドも、今お嬢様のナカで蠢いているローターも…」

ククッ…と椿原が喉を鳴らして笑った。

「あぁ…やめて…ぇっ」

「愛娘がこんなものを集めているなんて知ったら、さぞショックを受けられるでしょうねぇ…」

「お願い…お父様には言わないでちょうだい…っ」

「それは、お嬢様のカラダ次第ですよ」

椿原は愉快げにマリカを見下ろした。

マリカは悔し涙を浮かべると、椿原をにらみ返した。

「ぅうっ…よくもこんな卑怯な真似を…っああっ」

その間にもローターの振動は、容赦なくマリカを襲う。

マリカはビクビクと腰を震わせると、必死に快楽と戦った。

「さぁ、どうなさいますか?続けますか?お嬢様」

「…続けてちょうだい。イかされるもんですか…!」

「はははっ、威勢がよくて結構。では、決して果ててはなりませんよ。お嬢様…」

*****

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな56599Views

  2. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな46436Views

  3. 官能小説を読んでいるのが男友達にバレました

    十月夏葵37947Views

  4. 大好きな彼氏に嫌われたくなくて、執事に頼んでエッチなレッスンはじめました。

    八代もも35232Views

  5. 別れた元カレの部屋で二人きり。心の中で彼女に謝りながら今夜だけの関係を求めたら…

    八代もも21808Views

  6. 媚薬を盛られて仕方なくワンナイトのつもりだったのに…

    baisu21293Views

  7. 止まらない振動に快楽堕ち

    天音澪莉20110Views

  8. 愛し合って、ぬくもりを。

    天音澪莉14677Views

  9. アプリで知り合った10歳年上の男性と初めての中イキ

    黒子せな13904Views

  10. 推しの彼と二人だけの秘密

    勝田12827Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 中出し 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る