レイトショーで居眠りしてしまったら?!

・作

ランチ中、ギャルソンの彼に誘われてレイトショーに行ったら居眠りしてしまった。目が覚めたら周りでナニかイタしてるようで…気がついた時にはヤンヘラ君にナニを擦りつけられていた。流されミッドナイトに突入しちゃいました!!

「知り合いからレイトショーのチケットいただいたんですけど、京華さん今日予定あります?」

金曜日、職場近くのお気に入りのカフェでランチをとっていた京華に、カフェのギャルソンの拓海が尋ねた。

京華の趣味は映画鑑賞。

行く、行くよ!と拓海の誘いに喜んで同意する。しかしこの時、京華は別の意味でイく、イく!と、言うことになるとは思っていなかった…。

「え…この席なの?!」

知り合いからもらったチケットは拓海のカフェもある複合施設にあるミニシアター。

「オーナーがどうぞって」

今日は招待客のみ、少人数制の全席指定のプレミアムシート。ゆったりとしたBOX型のカウチソファーだった。

「カップルシート…」

「オーナーが新しい席を作ったからその使い心地を試してみてって頼まれて…」

「…ま、いっか。カウチ式のBOXなんてそこそこ体験することもないしね」

プライベートモードの京華は仕事のときと違い細かいことは余り気にしない性格。パパっとヒールを脱いでカウチに背をもたせ、備え付けのクッションを抱える。

「座り心地いいよ!寛ぎすぎて寝ちゃうかも…拓海君もおいでよ」

「じゃあ、失礼します」

カップルシート招待客のみ、レイトショーが開幕された。

あれ、私映画見てて……

鑑賞していたことは覚えている。途中ストーリーの展開が緩やかになり、その展開に合わせたスローな曲が流れてきたところから京華は眠ってしまった。

目を覚ました京華が辺りを見回すと場内は暗い。画面を見ると先程の上映されていたものではないフィルムが流れていた。

「拓海君?レイトショー終わったの?なんで違うフィルムが…」

「こちらが今日のメインフィルムなんですよ」

「ちょ、ちょっとどうして?!」

寝ていた隙に移動して、京華を自分の胸に背を預けさせた拓海。ブラウスのボタンを胸まで外し、京華の胸をブラの上から弄んでいる。

「あ、今日の上映会、コチラがメインなんです」

スクリーンのぼやけていた画像がクリアーになる。そこに写りだされたのは男性のモノを咥えこんでいる女性の秘裂。映像とは噛み合っていない、喘ぎ声が他のBOX席から聞こえてきた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 性感マッサージのセラピストにハマっちゃう!

    十月夏葵46828Views

  2. 年上の甘い彼氏に調教されてます

    十月夏葵41579Views

  3. 友達のままだったら知らなかったこと

    勝田38204Views

  4. ヤンチャな彼氏におもちゃを使ってお仕置きされる

    川海月37678Views

  5. 名前も知らないイケメンのいたずらから大学の空き教室で…♡

    青海なぎ35152Views

  6. セクサロイドを買って中イキまで開発してもらいました

    アオイチョウチョ32680Views

  7. 片思いの相手には彼女がいてクンニ好きだった。それを知ったクンニ好きの私が彼に舐めてほしいといってみたら…

    八代もも31973Views

  8. 彼氏の浮気現場を尾行していたら、超絶イケメンに口説かれて…

    八代もも25971Views

  9. なかなか手を出してくれない憧れの先生の、こじらせた性癖をぶっ刺した夜

    まゆり19082Views

  10. 憧れの先輩と行くことになった出張先の夜。

    猫猫にゃん18175Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス ちょっと強引に 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 乳首 思わぬ展開 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 彼氏 潮吹き 胸きゅん いじわる フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 OL スリル ちょっと過激に 挿入なし

すべてのタグを見る