執着夫 ~嫉妬は蜜の味~

・作

嫉妬深く独占欲の強い私の夫。今日も隣人男性と話していただけで、私はお仕置きを受けている。ローター、バイブ、言葉責め。執着夫の歪んだ愛に、私のカラダはとろけてしまい…。

寝室のドアが開くと、風呂から出た夫が腰にタオルを巻いて入ってきた。

「美咲、ちゃんと反省した?」

「ぁあ…あなた…もう許して…」

夫がテーブルからバイブのリモコンを手にする。

両乳首に固定されたローターが、さっきよりも強い振動を放った。

「ああっ…んんッ!」

私は思わず背中を反らした。

乳首はすっかり腫れ上がり、自分でも恥ずかしくなるほど真っ赤に隆起している。

よがるたびに、頭の上で固定された手首にロープが食い込んだ。

「美咲がいけないんだよ?他の男に色目なんて使うから…」

夫はベッドの脇に立ち、快楽によがる私を見下ろしている。

ローターのリモコンを投げ捨てると、今度は私の秘部に手を伸ばした。

「やめて…それ…もう動かさないで…っ」

蜜壺には、夫が風呂に入る前に押し込んだバイブが埋まっている。

それは乳首のローターよりずっと鈍い振動で、私はまだ絶頂できずにいた。

「その”やめて”は、本心じゃないでしょ?」

夫はバイブに掴むと、ゆっくりと前後に動かした。

「いやぁっっあああッッ…はぁああんッ」

微量な振動を放ったまま、バイブが粘膜を擦り上げる。

夫の手の動きに合わせるように、私の腰がいやらしく揺れた。

「美咲は本当にエッチだなぁ…お仕置きなのに自分から腰を振って」

「ごめんなさい…でも…止まらないの…っ」

私は大きく開いた脚を震わせると、溢れ出した愛液の音が聞こえた。

ジュプジュプと卑猥な水音が次第に大きくなっていく。

「イッたらダメだよ?お仕置きだからね」

「そんな…ああああッっっ!」

夫がバイブの振動を最大に切り替えた。

「はぅんんんんッッーー!!」

その瞬間、目の前に光が走り、私は大きく腰を跳ね上げて達した。

「美咲ったら…ダメって言ったのに」

夫はため息をつきながら、私からバイブを引き抜いた。

「ぁあっっ」

抜かれる時のささいな振動にも、私の淫肉はいやらしく反応してしまう。

「美咲…」

夫は腰のタオルを床に落とすと、私の上に覆い被さった。

「”勝手にイッてごめんなさい”は?」

夫の冷たい視線が私を射抜く。

表情とは裏腹に、夫のペニスは下腹につきそうなくらいに勃起していた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 出張の夜、優しいイケメン同期が豹変。強引な愛撫に溶かされて…

    chiharu62937Views

  2. 後輩に媚薬を盛られて、彼氏と後輩にめちゃくちゃにされちゃった

    夢咲 花笑43460Views

  3. エロボイス配信者なお隣さんとおねだりエッチ

    chiharu35194Views

  4. 夫との営みに不満を持っていた私。自分ばっかり気持ちよさそうな夫に腹が立って上になってみたら…!?

    夢咲 花笑34429Views

  5. 初恋の幼馴染からの告白。両思いの夜は甘くとろけて

    chiharu27277Views

  6. 評判のマッサージ店に行ったらイケメンの店員さんにクリトリスを丁寧にマッサージされちゃった。

    九条リオ22140Views

  7. 結構なお点前で

    十月夏葵20308Views

  8. 二度目の初体験

    月島満19998Views

  9. コスプレ女とカメラ男のちょっとした邂逅

    AYA19955Views

  10. ロールキャベツ男子は二度美味しい

    十月夏葵19766Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛のあるSEX 愛撫 キス クリ責め クンニ ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ ラブラブ ベッド以外 乳首 働く女性 潮吹き いじわる 言葉責め 彼氏 胸きゅん フェラ 年下クン 年上の男性 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル えろい 中出し

すべてのタグを見る