執着夫 ~嫉妬は蜜の味~

・作

嫉妬深く独占欲の強い私の夫。今日も隣人男性と話していただけで、私はお仕置きを受けている。ローター、バイブ、言葉責め。執着夫の歪んだ愛に、私のカラダはとろけてしまい…。

寝室のドアが開くと、風呂から出た夫が腰にタオルを巻いて入ってきた。

「美咲、ちゃんと反省した?」

「ぁあ…あなた…もう許して…」

夫がテーブルからバイブのリモコンを手にする。

両乳首に固定されたローターが、さっきよりも強い振動を放った。

「ああっ…んんッ!」

私は思わず背中を反らした。

乳首はすっかり腫れ上がり、自分でも恥ずかしくなるほど真っ赤に隆起している。

よがるたびに、頭の上で固定された手首にロープが食い込んだ。

「美咲がいけないんだよ?他の男に色目なんて使うから…」

夫はベッドの脇に立ち、快楽によがる私を見下ろしている。

ローターのリモコンを投げ捨てると、今度は私の秘部に手を伸ばした。

「やめて…それ…もう動かさないで…っ」

蜜壺には、夫が風呂に入る前に押し込んだバイブが埋まっている。

それは乳首のローターよりずっと鈍い振動で、私はまだ絶頂できずにいた。

「その”やめて”は、本心じゃないでしょ?」

夫はバイブに掴むと、ゆっくりと前後に動かした。

「いやぁっっあああッッ…はぁああんッ」

微量な振動を放ったまま、バイブが粘膜を擦り上げる。

夫の手の動きに合わせるように、私の腰がいやらしく揺れた。

「美咲は本当にエッチだなぁ…お仕置きなのに自分から腰を振って」

「ごめんなさい…でも…止まらないの…っ」

私は大きく開いた脚を震わせると、溢れ出した愛液の音が聞こえた。

ジュプジュプと卑猥な水音が次第に大きくなっていく。

「イッたらダメだよ?お仕置きだからね」

「そんな…ああああッっっ!」

夫がバイブの振動を最大に切り替えた。

「はぅんんんんッッーー!!」

その瞬間、目の前に光が走り、私は大きく腰を跳ね上げて達した。

「美咲ったら…ダメって言ったのに」

夫はため息をつきながら、私からバイブを引き抜いた。

「ぁあっっ」

抜かれる時のささいな振動にも、私の淫肉はいやらしく反応してしまう。

「美咲…」

夫は腰のタオルを床に落とすと、私の上に覆い被さった。

「”勝手にイッてごめんなさい”は?」

夫の冷たい視線が私を射抜く。

表情とは裏腹に、夫のペニスは下腹につきそうなくらいに勃起していた。

公開日:

感想・レビュー

1件のレビュー

執着夫 ~嫉妬は蜜の味~のレビュー一覧

  • 最高です!

    こんか素敵な作品に出会えて感謝です!

    アレくサンドリーヌ さん 2023年8月23日

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな53879Views

  2. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな41803Views

  3. 大好きな彼氏に嫌われたくなくて、執事に頼んでエッチなレッスンはじめました。

    八代もも39328Views

  4. 官能小説を読んでいるのが男友達にバレました

    十月夏葵36851Views

  5. 媚薬を盛られて仕方なくワンナイトのつもりだったのに…

    baisu28536Views

  6. 止まらない振動に快楽堕ち

    天音澪莉22057Views

  7. 別れた元カレの部屋で二人きり。心の中で彼女に謝りながら今夜だけの関係を求めたら…

    八代もも20537Views

  8. 幼馴染と再会し一週間お試しで付き合うことにOKしたけど、キスの先を望むくらい欲情が溢れて…

    八代もも14387Views

  9. アプリで知り合った10歳年上の男性と初めての中イキ

    黒子せな14268Views

  10. 愛し合って、ぬくもりを。

    天音澪莉14246Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 中出し 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る