見習い執事はお嬢様の愛を知らない

・作

貴族のお嬢様であるルルティアは、執事見習いのクリスを気に入ってはいるものの、気弱で自分に自信がないところにうんざりしていた。ある時ルルティアは、クリスを男らしくするためにどうすればいいかと画策した結果、自分を抱けと命令する。

「もー!いい加減にしなさいよー!」

噴水とテラスがあり、色とりどりの美しい花が咲き誇る中庭に似つかわしくない怒声が響いた。

箒を持って掃き掃除をしているメイドが、数名ほど顔を見合わせてまたか、とため息をつく。

「あんたはねえ、卑屈すぎるの!私が褒めてるんだから素直に受け取りなさいよ!何が不満だって言うの?!あなたの淹れた紅茶がとっても美味しいと言っているのに!」

「も、申し訳ございませんルルティアお嬢様……!僕なんかが、お嬢様からお褒めの言葉を預かるなどとてもじゃないですが、恐れ多くて……」

「だからそういうこと言うのをやめなさいって言ってんのよ私は!まだわかんないわけ?!バカクリス!」

ルルティアと呼ばれた少女と女性の中間にいる女は、整えられた眉毛をキッと吊り上げて目の前にいる執事服を身に纏った青年、クリスに詰め寄る。

まだ10代で、男にしては随分と可愛らしい顔のクリスは、すっかり困ったような表情をしてペコペコと頭を下げていた。

陽の光に当たり、艶やかな金髪が白金色に輝いて見える。

それに合わせたようなエメラルドグリーンの瞳は、視線が定まらずにキョロキョロと走っていた。

「まずは私の目を見る!いつまで私と視線を合わせること自体がよくないことだと思っているわけ?」

「そ、そんなことは……」

「思ってるでしょ!」

ずい、とブラウンの髪の毛を靡かせ、ルルティアはクリスへとさらに距離を詰めた。

唇が触れ合いそうな距離まで詰められ、クリスはルルティアに視線を合わさざるを得なくなる。

「お、お嬢様……」

首を引いて顔の距離を作ろうとするも、クリスのタイを引っ張るルルティアはそれを許さなかった。

ルルティアの強い金色の瞳は、クリスの瞳を捕らえて離さない。

じっと数秒ほど見つめ、ルルティアはクリスのタイを手放す。

「クリス。あなた、今夜湯浴みの時間が終わったら私の部屋に来なさいな」

「えっ……?!」

「来なかったら私があなたのメイド役になるからね」

「そ、そそそそんなことは……!」

「させられないでしょう?それならちゃんと来なさい。わかったわね」

ふん、と踵を返したルルティアは、別のメイドに気分直しに街へ出ると伝え、クリスをその場に残して立ち去る。

しょんぼりとするクリスの目先には、ルルティアが飲み干した空っぽのティーカップが置いてあった。

*****

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな53879Views

  2. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな41800Views

  3. 大好きな彼氏に嫌われたくなくて、執事に頼んでエッチなレッスンはじめました。

    八代もも39328Views

  4. 官能小説を読んでいるのが男友達にバレました

    十月夏葵36851Views

  5. 媚薬を盛られて仕方なくワンナイトのつもりだったのに…

    baisu28536Views

  6. 止まらない振動に快楽堕ち

    天音澪莉22057Views

  7. 別れた元カレの部屋で二人きり。心の中で彼女に謝りながら今夜だけの関係を求めたら…

    八代もも20537Views

  8. 幼馴染と再会し一週間お試しで付き合うことにOKしたけど、キスの先を望むくらい欲情が溢れて…

    八代もも14387Views

  9. アプリで知り合った10歳年上の男性と初めての中イキ

    黒子せな14268Views

  10. 愛し合って、ぬくもりを。

    天音澪莉14246Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 中出し 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る