窓際のアルストロメリア

・作

受付事務をしている27歳のかよは、いつもマッチングアプリで男を探しては、心の虚無感を体で埋める日々を送っていた。そんな彼女は、花屋の野田に突然ある花をプレゼントされたことが引き金となり、冷え固まった心が溶かされていくのを感じ、彼の手で身も心も溶かされていく。

私はいつものように、アプリの自己紹介の文章に書かれたステータスと、添えられた顔写真に目を通し、今夜の相手を品定めしていた。

コーヒーの立ち込める香りが、目覚ましには心地がよい。

相手にメッセージを返しながらコーヒーを飲み終わると、今日着る服と下着をクローゼットの中から引っ張り出し、袖を通していく。

「いってきます」

誰もいない部屋に、私はそういつも呟いて部屋を出るのだ。

 

私は一般企業の受付事務スタッフ職をしていて、今年27歳になった。

物心がついた時から、いつも誰かが私を好きになっていたし、求められると、ただそれに応じていた。

自分が、相手を好きなのかどうかと言われると疑念が湧くし、相手は自分の何が好きなのかと考えてみても、体くらいにしか自信が湧かなかった。

そしてその考え方と行動の癖は、呪いのように、私にこびりついたまま今に至っている。

 

プルルルルル…。

目の前の受話器をあげる。

「はい、受付センター担当、大橋です」

電話口の男性は、陽気な声で下の搬入口に鍵を開けに来てほしいという、いつもの要望を伝えてきた。

彼は毎週木曜日になると、この会社の会長席と、入り口に生ける用の花を納めにやってくる。

名前は、野田圭介。ここから歩いてすぐところにある花屋の店長をしている。

年は自分よりも少し上くらいだろうか、黒い長髪をいつもゴムで結び、陽気でよく笑う男だ。

搬入口にいくと、紺色のエプロンを着た彼が、ひらひらと私に向かって手を振っていた。

「かよちゃんは今日も一段と可愛いね」

そう言って、私から鍵を受け取ると、ガチャリと奥の搬入口エレベーターにそれを差し込んだ。

私は彼の常套句を聞き流し、会釈をすると、一緒にエレベーターに乗りこむ。

ふと、ある花が目についた。

小さな百合のような形をした花で、ベースは白いが、所々に妖艶な黒い斑点がある。

「これは、アルストロメリアという花なんだよ。可愛いのに加えて、切り花の中では、群を抜いて、長持ちする花」

彼は、私の視線に気づいたのか、そう答えると、その花をそのコンテナから取り出して、横にあったペーパーでぐるぐると手際よく巻いた。

「はい、あげる。ずっと持ち歩いていても、へたりにくいからね」

彼はそう言うと、私の目の前にその花を差し出した。

少し甘い、百合のような香りがする。

私は急に気恥ずかしくなって、彼から視線を逸らしながらも、感謝の気持ちを述べた。

彼は微笑むと、搬出口に向かってカートを押していった。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな55665Views

  2. 会社のためのラブドール。優しい痛みに壊されて…。

    天音澪莉45311Views

  3. 淡白だと思っていた彼氏が一人でシてて…

    十月夏葵35623Views

  4. 大好きな彼とのセックスが淡白すぎて、一人エッチにはまってしまった私

    八代もも30572Views

  5. いつもと違う幼馴染から愛される夜

    勝田23869Views

  6. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな22975Views

  7. 裏垢女子~ヒミツもカラダも暴かれて~

    青海なぎ22723Views

  8. 弱みを握られた義父に無理やり犯される

    黒子せな20222Views

  9. とってもタイプの配達のお兄さんに出逢ってしまい、誘惑してママから隠れてクローゼットでイチャイチャする話

    八代もも17149Views

  10. 夫に相手にされない私が勇気を出して快楽の園を訪ねる話。

    猫猫にゃん17131Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX ちょっと強引に キス 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る