雇用主は、突然に

・作

景気の悪化で職を失った京子は、男性経験が浅いものの、風俗店で働くことを決意する。研修もまだ受けていないのに臨時でご指名いただいたのは、VIPな年上のお客様、神城(かみしろ)だった。彼の指示に必死に応える京子だったが…。

「残念ですが、うちも経営状況がギリギリなので、申し訳ないですが…」

スマホの奥から、声色ひとつ変えずに淡々と話す女性の声が聞こえる。

これで何社目だというのだろうか。

不況により先月職を失った私は、新しい仕事を探していた。

自分の保有している資格を生かせる業種が不況に陥っているため、どこの会社からもよい返事は貰えず。

両親は既に他界した私は頼るあてもなく、日に日に厳しくなる現状に精神的に追い詰められていた。

「最後の手段に出るしか、ないのかな…」

寝不足の目を擦りながら、私は身支度をしてとある場所に向かうことにした。

「高橋京子さん、28歳、と。はい、これで雇用上の書類は問題ないですね。あ、ちなみに経験人数は今までどのくらいですか?」

茶髪のスーツを着た男性が書類の資料をめくりながら、質問を投げかけてくる。

「5人くらい、です」

「性行為のご経験が豊富という訳ではないんですね」

「はい…。あの、そのような場合でも大丈夫なのでしょうか?」

「そうですねぇ。プロポーションと顔立ちが綺麗なので、新人研修でガッツリ学んでいただければ大丈夫ですよ」

男性はそう答えると、横にあった黒い紙袋を差し出してきた。

「早速ですけど、これに着替えてください。サイトに載せる用の写真を撮りたいので」

プルルルルル…

彼は、鳴り出した電話を取りに小走りをし、トイレは奥にありますから、とだけ言って受話器を取った。

私は指示通りにトイレで彼から渡されたランジェリーを身につける。

私がついに決心したのは、風俗店で働くという選択肢。

体にまとわりつくレースの生地を眺めながら、私はひとつ溜息をついて、先ほどの男性の元に向かった。

「着替え終わりました」

「あ、まだサイトにも載せていない、研修もしていないド新人の子とかでいいなら。…え?いいですか?じゃぁすぐにご用意いたします」

電話を切った男性は、バタバタと後ろの戸棚を開けると、そこから車のキーを取り出す。

そして、私の方をみると、にこりと笑った。

「京子さん、凄いラッキーなことにお客様が入られました。しかもVIP。研修のために予定を空けられていたと思うので、この後問題ないですよね?すぐに向かいましょう」

「え…?研修を受けなくても?え、というかこのランジェリー姿はどうすれば」

「あぁ、コートを上から着ていただければ大丈夫ですよ。神城(かみしろ)様はきっとそういったのもご趣味だと思いますのでね」

彼は急ぐように私のコートをハンガーから外すと、私の肩に手を添えながらそのまま駐車場へと誘導する。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu72362Views

  2. 女性をイカせるための機械開発

    夏野38234Views

  3. 高熱は媚薬

    月島満37683Views

  4. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA26885Views

  5. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛26300Views

  6. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑25603Views

  7. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑24157Views

  8. 勘違いな片思い

    月島満20475Views

  9. 優しいはずの上司にグイグイ迫られた私は、身も心も強引に暴かれる

    夢咲 花笑19910Views

  10. 1年半も彼氏が手を出してくれなくて自分からお誘い!甘く優しく解されてやっと一つになれた夜

    夢咲 花笑17573Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 イキっぱなし 乳首責め 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし 好きな人 ちょっと過激に スリル 中出し OL

すべてのタグを見る