雨の日の足音

・作

アキは独身で孤独なバリバリと仕事をする社会人。ある日の帰り道、瀕死の状態の黒猫を拾う。その黒猫は死んだ最愛の猫にそっくりだったのだが、次の日の朝目覚めると、青年の姿になっていた。不思議な猫との日々に溺れていくアキだったが…。

私は、その日酷く酔っていた。

大きな商談が終わり、自分の提案した案件が通り、上機嫌だったのだ。

ふらつく足元に、9センチのピンヒールは酷に思え、その場で靴を脱いで手に持った。

水たまりの冷たい感覚が、火照った足には心地よかった。

いつもと同じ帰り道。家のすぐ近くの公園からは、雨上がり特有の、湿った匂いがした。

もう終わりかけの紫陽花が、花びらの先端を茶色く染めている。

ふと、その紫陽花の株の根元に、黒くて丸いものがあることに気がついた。

私は、手に持っていたヒールを地面に置くと、恐る恐るその黒い塊に手を伸ばす。

本来であれば温かいはずのそれは、雨に濡れて酷く冷え切っていた。上下する腹を見ると、生きてはいるようだ。

私はその日、酷く酔っていたのだ。33歳にもなって独り身の私は、何かに手を差し伸べたかったのかもしれない。

両手で黒いその艶やかな猫を抱え、足早にその場を去った。

置いたままのピンヒールのことも忘れるくらい、彼の様子が気がかりで堪らなかったのだ。

 

その夜、私は夢を見ていた。

黒くて艶やかなその体はしなやかに私の目の前で伸びをし、凛とした表情で近づいてきて、私を深い茶色の目で見つめる。

彼は、去年の雨のシトシトと降る日に命を落とした、私の最愛の猫、ネロだった。

その彼が、私の唇を舐めている。

それは生暖かく、艶かしかった。

そしてとてもリアルに感じた。

ゆっくりとなぞるように唇の輪郭を舐め、間から舌を割り込ませる。

そこで、自分のこの感触が夢ではないことに気がつき、驚いて目を開ける。

そこには艶やかな黒い髪をした1人の青年がいて、私に覆いかぶさっていたのだ。

明らかに私よりも若い印象だった。

「ネロ?ネロなの?」

私は動揺を隠せず、わなわなと震えながら彼を見上げて問いかけた。

彼は、人間の形をしているものの会話ができないようで、茶色の深い色の目をこちらに向け、首を傾げた。

「どうして、人間の姿に?」

私の問いに答えず、より深く唇を押し付けた。なぜ、こんなにも唾液が甘いのだろう。

びくり、と体が震えると、彼が唇を離した。そこには、先ほどよりも欲情の色を隠せない目があった。

彼は私の手首を掴むとそのまま体重をかけて、再度ベッドに縫い付けるように押し付けた。

そして、そのまま私のスウェットの隙間に手を潜り込ませた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu68619Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満39285Views

  3. 女性をイカせるための機械開発

    夏野33367Views

  4. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA27676Views

  5. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛27497Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑25104Views

  7. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑22643Views

  8. 勘違いな片思い

    月島満20135Views

  9. 聖女様のお仕事

    AYA19787Views

  10. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野17907Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル 中出し OL

すべてのタグを見る