慰めをご所望ですか?お客様。

・作

知り合いの女の子がまた失恋したと、わたしの働くバーに駆け込んできた。慰めてほしいと彼女は訴える。あまり女性と性交をしないわたしだが、彼女の要望なら答えない理由はない。心に空いた穴を埋めるため、彼女と身体を重ねる。

ドアベルは、けたたましく鳴り響いた。

「ママァーーーー!!!!」

非常に元気のよろしい女の子の声が店中に響き渡る。

わたしは磨いていたグラスを危うく落として割るところだった。

女の子は、わたしを見つけると猛烈な速さでこちらに走り寄ってきた。

バーカウンターにドンッと手を乗せる。

わたしは、ため息混じりにグラスを棚に戻した。

「ちょっと、お客がいないからってやかましすぎるわよ。ネネちゃん」

「これが大人しくしてられますかよ!聞いてよ、ママぁ」

「わたしママじゃないわよ。雇われのバーテンダーよ。そもそも、ここクラブじゃないし」

ネネはすでに酔っているようで、よたよたと崩れるようにスツールに腰かけた。

机に突っ伏し、ぐすぐすと鼻をすすっている。

わたしはグラスに水に汲んで、ネネの前に置いた。

「もう……。慰めをご所望ですか?お客様?」

「……慰めをご所望ですよ。お客様は……」

「なぁーに?今日はどうしたの?」

ボソボソとネネが答える。声がくぐもって、よく聞き取れない。

「ん?」

「…………ました」

「ん?」

「……と…………れました」

「うん」

「彼氏と……別れました」

「またぁ?」

ネネがムッと眉に皺を寄せる。

「今日泊めてよ。帰るとこない」

まるで人に頼む態度ではないが、つくづくわたしは、この子に甘いと思う。

この子は昔から、つい甘やかしたくなるのだ。

ちらっと彼女の顔を見る。

ずいぶん泣いたのだろう。ネネの化粧はデロデロに落ちてしまっていた。

カウンターのキッチンペーパーを何枚か取り、ネネに渡す。

ペーパーを受け取ると、ネネは勢いよく鼻をかんだ。

追加のペーパーを渡し、頭を撫でる。

「もうすぐ上がりだから、ちょっと待ってて。何か飲む?」

ネネがこくりと頷く。

「ウイスキー、ショットで」

「麦茶、ロックね」

麦茶を飲みながら、ネネはブー垂れていた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu72381Views

  2. 女性をイカせるための機械開発

    夏野38234Views

  3. 高熱は媚薬

    月島満37693Views

  4. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA26897Views

  5. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛26300Views

  6. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑25614Views

  7. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑24157Views

  8. 勘違いな片思い

    月島満20475Views

  9. 優しいはずの上司にグイグイ迫られた私は、身も心も強引に暴かれる

    夢咲 花笑19910Views

  10. 1年半も彼氏が手を出してくれなくて自分からお誘い!甘く優しく解されてやっと一つになれた夜

    夢咲 花笑17573Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 イキっぱなし 乳首責め 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし 好きな人 ちょっと過激に スリル 中出し OL

すべてのタグを見る