みて、みないで

・作

遠方の恋人に久々のデートをドタキャンされたわたしは、1人、久しぶりの彼の部屋で我慢できずに、自慰行為を始めてしまう。行為の最中彼から電話がかかってきて、自慰をしているとばれたわたしは、自慰の様子を説明するよう求められる。

ペディスドリアンデッキの上を闊歩しながら、わたしは激怒していた。

あの冷淡薄情な彼氏を許しておくわけにはいかなかった。

わたしはスマホの画面を割らんばかりに強く握りしめた。

 

7月、彼が赴任する県で開催される花火大会に行こうよ、と言い出したのは彼の方だった。

わたしと彼は、いわゆる遠距離恋愛で、会える日はそう多くない。

だから誘ってくれたときは、本当に嬉しくて、3ヶ月も前から休みを確保していたのに。

浴衣だって着たのに。

横目に仲睦まじいカップルが通り過ぎる。妬ましい通り越してもはや殺意である。

わたしだって、幸せに裕翔とデートしていたはずだったのだから。

ため息混じりに何度ラインを見直しても、無情にも返答は変わらない。

 

>裕翔!着いたよ!どこ〜?

>亜里沙ごめん!急に仕事が頼まれて行けなくなっな

>え?

>まじごめん部長によばれてるほんとごめん

>ちょっとまって!どういうこと!?

 

……っと、そこからはいくら送っても返事は来なかった。信じられなくて30分はその場で待った。開会の挨拶が流れて、1発目の花火が上がったとき、本当に来ないのだと納得した。

誤字するほど焦っているのはわかる。彼が悪いわけじゃないこともわかる。

だがそれでは、わたしの感情の行方がわからないではないか。

電車の窓から、かすかに打ちあがる花火の音が聞こえた。

しかし、目を凝らしても花火は見えない。

泣きそうになるのを、唇を噛んで堪えているのが精一杯だった。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな57825Views

  2. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな49630Views

  3. 官能小説を読んでいるのが男友達にバレました

    十月夏葵38745Views

  4. 大好きな彼氏に嫌われたくなくて、執事に頼んでエッチなレッスンはじめました。

    八代もも32167Views

  5. 別れた元カレの部屋で二人きり。心の中で彼女に謝りながら今夜だけの関係を求めたら…

    八代もも22446Views

  6. 止まらない振動に快楽堕ち

    天音澪莉19337Views

  7. 媚薬を盛られて仕方なくワンナイトのつもりだったのに…

    baisu18779Views

  8. 愛し合って、ぬくもりを。

    天音澪莉15014Views

  9. アプリで知り合った10歳年上の男性と初めての中イキ

    黒子せな13799Views

  10. 推しの彼と二人だけの秘密

    勝田13093Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 中出し 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る