素直なカラダ

・作

会社員の里英は苦手意識を持っていた後輩の高橋と酒に酔った勢いで一夜を共にした……らしい。まったく記憶にないのだが気まずくて避けて続けていた。そんなある日倉庫の中で高橋と二人きりになる。すぐさま逃げようとする里英だったが高橋が美しい笑みを含んだまま倉庫の鍵を閉めた……。自分を避けるばかりか、あの晩の記憶のない里英に対して高橋は激しく思いをぶつけるのだった。

誰もいないはずだった。

定時を過ぎて残業をしている人間は自分一人になったとばかり思っていた。会社の古びた倉庫へと資料を取りに来たのだが、そこに先客がいた。倉庫のテーブルにもたれ掛かり白いファイルを手にしていたその男の姿を見て思わず息を飲んだ。緊張で喉が張り付いていたが、意外にもすんなりと言葉が出た。里英は声が上擦らないように気を付けた。

「なんだ、高橋くんいたの?っていうか、いつ戻ってたの?」

「今しがたですよ、先輩も調べものですか?」

仕事で外出していたはずの高橋は暑そうにネクタイを緩めて笑った。私の二年後輩にあたるこの男は年下のくせにどこか余裕があって、大人びている。入社当時から苦手だった。今は……とある事情で避けるほどの存在へとグレードが上がった。同じ部屋にいる気まずさから逃げようと里英は本棚のラベリングに目を通すと目当てのファイルを手にして後退りした。

「まぁね、じゃ……お疲れさま──」

「また逃げるんですか?先輩……」

高橋は里英の腕を掴むとあっという間に倉庫のドアの鍵を閉めた。施錠の音がしんと静まり返った部屋に響く。胸騒ぎがした。まるで捕獲されてしまったようだ。目の前の高橋は面倒臭そうにネクタイを外すと溜息を漏らした。

「この前も、一人でさっさとラブホから逃げたでしょう……先輩、あんな熱い夜を過ごした仲でしょう?ヤリ逃げですか?」

「熱いって……その、覚えがないっていうか……置いて帰ったのはゴメン」

何がどうなったのか知らないが、会社の飲み会に参加した里英は気が付くと都内のラブホテルのベッドの上で眠っていた。そして、目の前に高橋の幼い寝顔があった。あろうことか生まれたままの姿で寄り添っていた。状況に困惑し、着の身着のまま逃げたのだった……そして今日に至る。気まずくて避けていることを高橋は怒っているようだ。里英がごまかそうとしているのを感じたのか、壁にじりじりと追い詰める。唇が触れ合いそうな距離で高橋は妖艶に微笑んだ。

「あの夜は、本当に素直で可愛かったのに……何も覚えてないんですね?」

「お願いだから忘れて、なかったことにして」

「無理だ」

高橋は里英の唇にキスをした。激しく喰らうようなキスに里英は呼吸もできない。苦しいはずなのに高橋の息継ぎの音や、自分を一心不乱に求めるその表情に心臓が壊れそうだ。あの晩のことは何一つ覚えていないはずなのに、どうしてだろう……体が高橋を覚えている、そして今もなお激しく求めていることに気付く。燻っていた火があっという間に燃え上がった。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu72399Views

  2. 女性をイカせるための機械開発

    夏野38238Views

  3. 高熱は媚薬

    月島満37700Views

  4. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA26897Views

  5. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛26306Views

  6. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑25619Views

  7. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑24161Views

  8. 勘違いな片思い

    月島満20475Views

  9. 優しいはずの上司にグイグイ迫られた私は、身も心も強引に暴かれる

    夢咲 花笑19910Views

  10. 1年半も彼氏が手を出してくれなくて自分からお誘い!甘く優しく解されてやっと一つになれた夜

    夢咲 花笑17573Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 イキっぱなし 乳首責め 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし 好きな人 ちょっと過激に スリル 中出し OL

すべてのタグを見る