男友達の見たことがないオスの表情に、ドキドキが止まらない…!

・作

久しぶりに会った男友達と、酔った勢いで…なんとも思っていなかったはずなのに、オトコの顔をした彼に興奮してたまらなくなってしまう。アルコールで火照った身体は、彼を求めて高まっていく…

「明日も用事あるからごめんねー」

せっかく盛り上がっていたところだったのに、そう言って二人は帰っていった。
残されたのは、私と亮の二人だけだ。

大学時代の友人の亮と私、それから帰っていった友人二人は、卒業以来一年ぶりの再会だった。
私の部屋での宅飲みはまるで学生時代に戻ったようで、積もりに積もった話で盛り上がっていた。でも、気付けばもう日付も変わっている。
さらりと帰ってしまうのが彼ららしい。

(まあ次もすぐ集まればいいか)

亮と二人でも充分楽しいので、私は気にしなかった。

「まあいっかー、二人で飲も」

「おー」

残されたお酒の缶はまだ何本もあって、亮と一緒に新しい缶を開ける。
だいぶ酔っぱらってふわふわしているものの、明日も休みだし問題ないだろう。
身体が熱くて、横にいる亮の体温も伝わってくる。
一人暮らしの小さな部屋に、ベッドとローテーブル。ローテーブルには缶とおつまみが散乱していて、私と亮はベッドにもたれる形で隣り合って座っていた。

「亮の腕あっつ」

「梓(あずさ)もな」

ふふ、と二人で笑う。隣り合った二人の腕がくっついて、お互いの体温が感じられる。

「ていうか、さっきこんなに近かったっけ?」

酔っぱらっているせいで、思ったことがそのまま口に出る。

「んー?」

亮も同じで、ぼんやりと相槌を打ちながら、私の方に顔を向けてきた。

「あれ、顔近くない?ふふ、距離感やば」

亮の顔が、私のすぐ目の前にある。酔っぱらって頬は紅潮し、吐息の温度が感じられる。
酔っぱらっている時はどうも距離感がよくわからなくなってしまう。

「まだ距離あるじゃん、ほら、まだ近づける」

「えー?」

当たっていた腕が動き、亮が私の二の腕をつかむ。
亮の身体がより近づいてきて、それと同時に顔の距離も縮まる。
こつ、とおでことおでこが当たって、二人して視線を合わせる。
頭がぼんやりして、瞼を下ろした途端、唇に柔らかいものが当たった。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 後輩に媚薬を盛られて、彼氏と後輩にめちゃくちゃにされちゃった

    夢咲 花笑52818Views

  2. 出張の夜、優しいイケメン同期が豹変。強引な愛撫に溶かされて…

    chiharu52193Views

  3. エロボイス配信者なお隣さんとおねだりエッチ

    chiharu39242Views

  4. 義兄の甘やかな執着。媚薬で溺れた私は義兄に処女を差し出した…

    chiharu31981Views

  5. ロールキャベツ男子は二度美味しい

    十月夏葵22971Views

  6. 二度目の初体験

    月島満22217Views

  7. 夫との営みに不満を持っていた私。自分ばっかり気持ちよさそうな夫に腹が立って上になってみたら…!?

    夢咲 花笑21258Views

  8. 雨宿りから発展した同期との仲

    夢咲 花笑19947Views

  9. 色魔に取り憑かれた私の長い一日

    AYA18752Views

  10. 彼に構ってもらえなくて、寝ている彼の横でオナニーを始めた私

    夢咲 花笑18518Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛のあるSEX 愛撫 キス クリ責め クンニ ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ ラブラブ ベッド以外 乳首 働く女性 潮吹き いじわる 言葉責め 彼氏 胸きゅん フェラ 年下クン 年上の男性 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル えろい 中出し

すべてのタグを見る