地味な私を溺愛するわんこ系彼氏とのえっちな夜

・作

地味な私の彼氏は、年下のわんこ系。なんで私?と思うんだけど、彼はすごく溺愛してくれて…。セックスも積極的だし、愛されまくりで逆に不安になっちゃうくらい。私で良いのかなって、不安になることもあるけど…。やっぱり彼とエッチすると、そんな不安も吹き飛んじゃうんだよね。

「あー、マジで最高!今日は金曜日で明日は休みだし、彼女の家で美味しいご飯が食べられるし…最高すぎるー!」

そう言って、ニコニコとペペロンチーノを食べているのは、私の彼氏。

3歳年下の彼氏、亮ちゃんとは同じ職場で働いている。

彼は営業で、私は営業事務。

私は営業で使う資料作りも手伝ったりするので、話す機会自体は多かった。

私は地味なタイプだし、男性と話をするのは苦手。

だから、亮ちゃんともうまく話せなかったのだけど…。

二人とも、同じゲームを好きなことがわかってからは、すぐに仲良くなった。

でも、亮ちゃんが告白してくれた時は、流石に嘘だと思ったなぁ…

「あー?また、考え事してる?」

「あ!ううん、違うの。ペペロンチーノ、美味しくできたかなと思って」

「俺と付き合うようになってから、パスタをいろいろ作ってくれるようになったよね。こういうの、めちゃうれしい」

「亮ちゃん、パスタ好きだから」

そこまで言うと、少しだけ恥ずかしくなる。

彼氏のために、美味しいパスタの練習してたなんて…。

なんか、自分らしくないような気がして、ちょっとだけ恥ずかしい。

そんな私の手を取り、微笑む亮ちゃん。

「俺さ、そういうところ本当に好きなの。だって、今まで和食の方が多かったじゃん?でも、俺のために練習してくれたんでしょ」

あぁ…なんで、この人は全てわかってくれるんだろう。

「本当にうれしい。いつも幸せな気持ちにしてくれてありがとう。それにしても…あー、うまかった!明日の朝ご飯は俺が作るからね。期待してて!」

「うん」

一緒に洗い物をして、一緒にお風呂に入る。

まだ、すっぴんはちょっと恥ずかしいけど…。

彼がドライヤーをしてくれる時間が、たまらなく好き。

鏡の中で、彼と目が合う。

ニコッと笑って、私の髪にキスをすると…段々と、キスが首筋へ…。

「あっ…」

「本当に敏感だよね、首筋感じちゃうの?」

「ち、違うの…くすぐったいだけだから」

「くすぐったいところって、性感帯なんだよ?本当に、感度良いよね…そういうところ、めちゃくちゃ可愛い」

亮ちゃんの声が、私の耳に響く。

耳に息をふぅっと吹きかけられて、思わず体が震えてしまった。

「あんっ」

「あー?やらしい声出して…俺、もう我慢できないんだけど」

「もう…」

亮ちゃんは、お風呂場では絶対に私に手を出して来ない。

明るいところで裸を見られるのが、恥ずかしいって知ってるから。

だから、いつも我慢してくれて、ドライヤーの時に爆発してしまう。

「髪の毛、サラサラだね…」

「うん…」

亮ちゃんの手が、私の腰をなぞる。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな56637Views

  2. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな46490Views

  3. 官能小説を読んでいるのが男友達にバレました

    十月夏葵37959Views

  4. 大好きな彼氏に嫌われたくなくて、執事に頼んでエッチなレッスンはじめました。

    八代もも35235Views

  5. 別れた元カレの部屋で二人きり。心の中で彼女に謝りながら今夜だけの関係を求めたら…

    八代もも21825Views

  6. 媚薬を盛られて仕方なくワンナイトのつもりだったのに…

    baisu21305Views

  7. 止まらない振動に快楽堕ち

    天音澪莉20118Views

  8. 愛し合って、ぬくもりを。

    天音澪莉14685Views

  9. アプリで知り合った10歳年上の男性と初めての中イキ

    黒子せな13913Views

  10. 推しの彼と二人だけの秘密

    勝田12838Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 中出し 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る