私、もう子供じゃないから

・作

隣に住む4歳下の幼馴染は、いくつになっても俺の部屋に入り浸り、子供の頃と変わらない距離感で接してくる。男の部屋に2人きりだぞ?危機感はないのか!?こっちはもう、我慢の限界だっていうのに…。男は狼なんだってこと、思い知らせてやるよ…

ピンポーン。

家のチャイムが鳴る。
モニターに映るのは見慣れた笑顔。

「…なに」

「かずにぃの部屋でレポートやらせて!」

やっぱりな…。

「自分の部屋でやれよ…」

「だって1人だとダラけてできないんだもーん」

外で甘えた声を出すなよ…。

「わかった。入れよ」

「やったー!ありがとー!」

こうして美緒はいつも俺の部屋に入り浸る。

 

俺と美緒の家は隣同士、幼なじみだ。
俺のほうが4つ上だからか、昔から何かと甘えられ、懐かれていた。
部屋に来るのだっていつものこと、何も珍しいことではない。

 

一足先に思春期に入った俺は、美緒への気持ちに気付いたものの、美緒は相変わらず甘えてきた。

それからはできるだけ接触を避けてきたのに、美緒は相変わらず寄ってくる…俺の気も知らないで。

それが今でも続いている、というわけだ。

―――

「ねぇ、かずにぃ!聞いてた?」

「え?」

もちろん聞いていなかった。
この湧き上がる邪念を追い払うのに必死だ。

「てか、レポートやってねぇじゃん…」

いつの間にか美緒は俺の漫画を勝手に読んでいた。
それで話を振ってきていたらしい。

「ちゃんとやらなきゃ留年するぞ?」

「やるよぉ!そんな先生みたいなこと言わないでよ!」

美緒が頬をぷぅと膨らませる。

「俺は大人だからな、子供の監視はきちんとしなきゃ」

「もうっ!まーた子供扱いする!」

今度はぷんぷん怒り出した。
まぁ…怒った顔もかわいいけど。

「なんだ?もう子供じゃないとでも言うのか??」

からかったように言うと

「当たり前じゃん!もうハタチだよ!?立派な大人ですぅ!」

今まで我慢していた、俺の中の何かがプツンと音を立てて切れた。

「そうか、大人か。立派な大人なら、大人の男女が部屋に2人きりってのがどういう意味か、わかるよな?」

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. ご主人様の言う通り…高額アルバイトの真実

    天音澪莉33122Views

  2. 友達にはバレたらいけない夜の出来事

    勝田27586Views

  3. 会社のためのラブドール。優しい痛みに壊されて…。

    天音澪莉27564Views

  4. 性感マッサージのセラピストにハマっちゃう!

    十月夏葵23754Views

  5. なんで可愛い後輩君のペニスがこんなに巨根なの!?

    木沢23267Views

  6. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな20119Views

  7. きっかけは花粉症?!意中の彼と両想いラブラブエッチ

    青海なぎ14112Views

  8. 子犬系男子が残業続きで臭ってきたから、シャワーを貸してあげたら、懐いちゃった話

    八代もも13863Views

  9. とってもタイプの配達のお兄さんに出逢ってしまい、誘惑してママから隠れてクローゼットでイチャイチャする話

    八代もも12923Views

  10. 配達のお兄さんとのとろけそうな時間。

    猫猫にゃん12607Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス ちょっと強引に 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 乳首 思わぬ展開 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 OL ちょっと過激に スリル 挿入なし

すべてのタグを見る