クリ責め〜同棲彼氏の趣味は、私をイカせること〜

・作

マヤと同棲して一年になるタカシには趣味があった。それはマヤを大人のオモチャでイカせること。マヤは日々彼の趣味につきあわされ、今まで体験したことがないような大人のおもちゃで身体をいじくりまわされる。今日も残業続きで会えなかったストレスに、マヤはタカシが買ってきたオモチャでイカされることに…。

かたかたとキーボードを打つ音が響く中、扉がばたんと閉まる音が聞こえてきた。

あ、帰ってきた。時間を確かめると、夜の8時。キーボードを叩きながらも顔をあげると、もう彼はリビングの扉を開けていた。

「ただいまー」
「おかえり、今日は早かったね」
「いやぁ定時で仕事が終わってさ、寄り道も久々にできたぜ」

田中マヤは、同棲している彼氏の轟タカシを見て安堵を覚える。
彼とは、交際して2年、同棲して1年が経った。在宅勤務も許されているマヤと違い、タカシは映像制作という仕事柄、どうしても毎日出勤しなくてはならない。クリエイティブな仕事は残業も多く、大変そうな印象だが…今日の彼はいきいきとした様子だった。

(納品前はいつも顔死んでるから、今日は進行がよかったのかな?)

「夕飯食べた?私が作った3色そぼろなら作り置きがあるけど、ご飯あっためよっか?」
「いや、あがる前にがーっとコンビニでおにぎり食べたからいいわ。作ってくれてたんだな、あんがと」
「またぁ…ちゃんと野菜も食べたわけ?炭水化物だけ取ってちゃダメよ。栄養に偏りが出るわ。明日は朝から野菜スープ作るね」
「マヤは本当に真面目だな」

くはっと笑う彼の口から、特徴的な八重歯が覗いている。マヤよりも2歳年上の29歳の彼は、赤茶に染めたクセのある髪に、強気なツリ目。どことなくやんちゃで粗野な印象を人に与えるだろう。

「マヤのご飯は魅力的だぜ?だけどな、それよりも優先したいことがあったから早く帰ってきたんだよ。わかるかな?」
「えっ?」

あ、嫌な予感がしてきた。
元々取引先の繋がりで交際に至った2人は、この2年間マンションで暮らしながら、お互いのことを理解し合う恋人同士だ。

だから、なんとなくわかるのだ。

「でも…お風呂とかもさ、準備まだよ」
「俺とお前がベッドに行けばいいんだよ。買ってきてるから」

彼の紙袋で、なんとなく予測はついていた。マヤは顔を赤らめる。無地の袋は、タカシが帰り道の秋葉原に寄った際に行くお店のものだ。

タカシと付き合うまで無縁だったお店の袋も、もう見るだけでわかるようになってしまった。

「なぁマヤちゃーん、久々にさ、いいだろう?」

顎を掴まれ、上を向かされる。彼の片手がぱたんと、マヤが使っていたPCを閉じてしまった。

「お前をさ、抱かせてよ」

*****

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 会社のためのラブドール。優しい痛みに壊されて…。

    天音澪莉43405Views

  2. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな31509Views

  3. ご主人様の言う通り…高額アルバイトの真実

    天音澪莉29117Views

  4. 友達にはバレたらいけない夜の出来事

    勝田26126Views

  5. 弱みを握られた義父に無理やり犯される

    黒子せな25052Views

  6. とってもタイプの配達のお兄さんに出逢ってしまい、誘惑してママから隠れてクローゼットでイチャイチャする話

    八代もも22387Views

  7. なんで可愛い後輩君のペニスがこんなに巨根なの!?

    木沢17839Views

  8. 裏垢女子~ヒミツもカラダも暴かれて~

    青海なぎ14679Views

  9. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな14437Views

  10. 性感マッサージのセラピストにハマっちゃう!

    十月夏葵13415Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス ちょっと強引に 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 乳首 思わぬ展開 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 OL ちょっと過激に スリル 挿入なし

すべてのタグを見る