ソノ年下男性、甘イ棘アリ

・作

一彦から別れ話を切り出され店を出た私は、初めて逆ナンした。背が高くてスーツが似合う年下のアキラくん。「カオルさん、自分のこと可愛いって思ってるでしょ?」という彼はタクシーに乗ったらスカートを上げて触ってきたのに、ラブホテルに着くと冷たい態度で突き放してくる。アキラくんの棘は私の気持ちいいとこを刺激する…。

久しぶりに会えるからって、浮足立っていた自分に苛立った。

未読スルーになってたのに、いきなり『会える?』なんてメッセージを真に受けて、新しい服と下着に身を包んで、いつもの場所に行った。

遅れて行って一彦の姿を見たら、いつもみたいに腕を絡ませたくなった。

腕に触れたときの、一彦の醒めた目。

悔しくて、手を引っ込めた。

「カオルのこと見たいから」って、いつも対面のテーブルを予約してた一彦。

いつもの店で、一彦のあとをついてったら、カウンターだった。

「好きな人ができたから、別れてほしい」

悪い予感はずっとしてた。

注文する前にいった一彦に腹が立って、水をかけて店を出た。

私、好みでもない一彦のどこが好きだったんだろう?

涙がじわっと溢れ、アイメイクが崩れるのも腹が立つ。

遠くから背の高い男性が歩いてくる。

スーツ姿が決まってて、カッコいい。

「失礼ですけど、予定ありますか?」

その男性に声を掛けた。

男性に声を掛けるなんて生まれて初めて。

「今夜ですか?」

目は優しいのに、とげとげしい口調だった。

「今からどこか飲みに行きませんか?」

「いいですよ」

「本当ですか?」

「えっ?断ると思って、声掛けてきたんですか?」

私は上を向いて、この人の目を見て頷いた。

話し方に棘があって断られそうなのに、顔は微笑んでる。

優しい目で私を見て、手を握ってきた。

「夕食終わりました?」

「いえ、まだです…」

自分から声を掛けたのに、何も決めてなくて、恥ずかしい。

「俺、この辺詳しくないんですよ。タクシー拾いましょうか?」

「遠くまで行くんですか?」

「そんな遠くないですけど…ダメです?」

その人は急に足を止めて、握っていた手の力を緩めた。

あ、この人も私から離れてく…。

私は、その人の手を握り返していた。

「あの、名前、聞いていいですか?私、カオルです」

「アキラです…カオルさん、年上だと思うけど…自分のこと、可愛いと思ってるでしょ?」

「え?…」

さっきよりも、棘のある口調に、驚いて顔を見上げると、優しい顔して笑ってる。

「俺、今日ついてんな…カオルさんみたいな人、すげー好きなんだよなぁ」

アキラくんは、そういって、私の手を力強く握り返して、タクシーを停めた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 出張の夜、優しいイケメン同期が豹変。強引な愛撫に溶かされて…

    chiharu57826Views

  2. 後輩に媚薬を盛られて、彼氏と後輩にめちゃくちゃにされちゃった

    夢咲 花笑48827Views

  3. エロボイス配信者なお隣さんとおねだりエッチ

    chiharu37326Views

  4. 夫との営みに不満を持っていた私。自分ばっかり気持ちよさそうな夫に腹が立って上になってみたら…!?

    夢咲 花笑28488Views

  5. 義兄の甘やかな執着。媚薬で溺れた私は義兄に処女を差し出した…

    chiharu25680Views

  6. 初恋の幼馴染からの告白。両思いの夜は甘くとろけて

    chiharu22337Views

  7. ロールキャベツ男子は二度美味しい

    十月夏葵21967Views

  8. 二度目の初体験

    月島満21122Views

  9. コスプレ女とカメラ男のちょっとした邂逅

    AYA20442Views

  10. 結構なお点前で

    十月夏葵20224Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛のあるSEX 愛撫 キス クリ責め クンニ ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ ラブラブ ベッド以外 乳首 働く女性 潮吹き いじわる 言葉責め 彼氏 胸きゅん フェラ 年下クン 年上の男性 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル えろい 中出し

すべてのタグを見る