私はビッチ

・作

ひとりでフラっとバーに飲みに行き男から声を掛けられるのを待って、その場限りのセックスをする。今夜、声を掛けてきた男は両親の顧問弁護士で、ある”取引”をしホテルへ行った。でも、虚しさが心に荒波を立てバーに戻ると、バーテンから「虚しくないですか?」って。こんな私のことをバーテンの雅也はずっと見てくれてたんだ。

今夜もひとり、バーでナンパされるのを待つ。

「奢らせてください」

「ひとりで飲んでるの?」

「彼氏と待ち合わせ?」

男たちが話す会社の話、自慢話に相づちを打ち、私は酒を飲まされ、ラブホテルへ連れ込まれる。

「あぁっ、すごいぃ、イクぅん、あぁっ、あぁああ…」

「うっ、そんな動いたら…うぅっ、サツキちゃん…」

私はいつも男たちの上になって、勝手にイク。

絶対、名前を呼ばない。

なんでかって?

一番気持ちいいときに、名前間違えちゃって萎えられたら嫌だもん。

ひとしきりセックスして男が寝てる間に、私はホテルを出る。

相手が酔っ払いセックスが中途半端に終わったときは、部屋を抜け出し別のバーで男を探す。

え?お金?もらってないよ?

男で空いた穴を、色んな男に埋めてもらっているだけ。

「こんばんは」

「こんばんは(ふーん、弁護士なんだ)」

「なにか美味い酒、教えてもらえませんか?」

「バーテンさんに聞いたらどうですか?」

「あなたに教えてもらいたいな」

隣の男は優しく微笑みながら、私を値踏みしている。

嫌なヤツ…。

「私じゃなくてもいいでしょ?」

「あなたじゃないと、だめなんです」

色気はあるけど、苦手なタイプ…っていうか、嫌い。

「このスコッチ美味しいですよ」

バーテンを呼んで、この方に同じの、と頼んで、グラスに残っているスコッチを飲み干した。

「帰るんですか?」

他のバーに行こうとカウンターに置いた手を、ぎゅっと握られた。

「私は、あなたと話したいんです」

スーツのジャケットから名刺を出した。

「建設会社の中津社長をご存じですよね?」

…どうしよ、身体が小さく震えだした。

「やっと見つけましたよ。中津サツキさん」

バーテンが、隣の石本弁護士にスコッチを持ってきた。

「うん、美味い。どこのスコッチ…」

「…父の話ってなんです?」

いたずらっぽく微笑んでいる顔が、イライラする。

「ストレートに言うと、戻って来い、と。クライアントであるお父様には言えませんが、私は反対です」

反対ですって言った?私の幻聴じゃないよね?

私が抱える誰も知らないはずの傷を、石本は嗅ぎ付けたんだ…。

「戻るつもりはないです」

「金の力で戻してこいって言われました…お父様すごい執着心ですね」

「父の弁護士さん、なんですか?」

「いいえ。お母さまです」

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. ご主人様の言う通り…高額アルバイトの真実

    天音澪莉32574Views

  2. 会社のためのラブドール。優しい痛みに壊されて…。

    天音澪莉29187Views

  3. 友達にはバレたらいけない夜の出来事

    勝田27379Views

  4. なんで可愛い後輩君のペニスがこんなに巨根なの!?

    木沢22556Views

  5. 性感マッサージのセラピストにハマっちゃう!

    十月夏葵22403Views

  6. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな21739Views

  7. とってもタイプの配達のお兄さんに出逢ってしまい、誘惑してママから隠れてクローゼットでイチャイチャする話

    八代もも14946Views

  8. きっかけは花粉症?!意中の彼と両想いラブラブエッチ

    青海なぎ13914Views

  9. 弱みを握られた義父に無理やり犯される

    黒子せな13860Views

  10. 子犬系男子が残業続きで臭ってきたから、シャワーを貸してあげたら、懐いちゃった話

    八代もも13709Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス ちょっと強引に 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 乳首 思わぬ展開 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 OL ちょっと過激に スリル 挿入なし

すべてのタグを見る