私はビッチ

・作

ひとりでフラっとバーに飲みに行き男から声を掛けられるのを待って、その場限りのセックスをする。今夜、声を掛けてきた男は両親の顧問弁護士で、ある”取引”をしホテルへ行った。でも、虚しさが心に荒波を立てバーに戻ると、バーテンから「虚しくないですか?」って。こんな私のことをバーテンの雅也はずっと見てくれてたんだ。

今夜もひとり、バーでナンパされるのを待つ。

「奢らせてください」

「ひとりで飲んでるの?」

「彼氏と待ち合わせ?」

男たちが話す会社の話、自慢話に相づちを打ち、私は酒を飲まされ、ラブホテルへ連れ込まれる。

「あぁっ、すごいぃ、イクぅん、あぁっ、あぁああ…」

「うっ、そんな動いたら…うぅっ、サツキちゃん…」

私はいつも男たちの上になって、勝手にイク。

絶対、名前を呼ばない。

なんでかって?

一番気持ちいいときに、名前間違えちゃって萎えられたら嫌だもん。

ひとしきりセックスして男が寝てる間に、私はホテルを出る。

相手が酔っ払いセックスが中途半端に終わったときは、部屋を抜け出し別のバーで男を探す。

え?お金?もらってないよ?

男で空いた穴を、色んな男に埋めてもらっているだけ。

「こんばんは」

「こんばんは(ふーん、弁護士なんだ)」

「なにか美味い酒、教えてもらえませんか?」

「バーテンさんに聞いたらどうですか?」

「あなたに教えてもらいたいな」

隣の男は優しく微笑みながら、私を値踏みしている。

嫌なヤツ…。

「私じゃなくてもいいでしょ?」

「あなたじゃないと、だめなんです」

色気はあるけど、苦手なタイプ…っていうか、嫌い。

「このスコッチ美味しいですよ」

バーテンを呼んで、この方に同じの、と頼んで、グラスに残っているスコッチを飲み干した。

「帰るんですか?」

他のバーに行こうとカウンターに置いた手を、ぎゅっと握られた。

「私は、あなたと話したいんです」

スーツのジャケットから名刺を出した。

「建設会社の中津社長をご存じですよね?」

…どうしよ、身体が小さく震えだした。

「やっと見つけましたよ。中津サツキさん」

バーテンが、隣の石本弁護士にスコッチを持ってきた。

「うん、美味い。どこのスコッチ…」

「…父の話ってなんです?」

いたずらっぽく微笑んでいる顔が、イライラする。

「ストレートに言うと、戻って来い、と。クライアントであるお父様には言えませんが、私は反対です」

反対ですって言った?私の幻聴じゃないよね?

私が抱える誰も知らないはずの傷を、石本は嗅ぎ付けたんだ…。

「戻るつもりはないです」

「金の力で戻してこいって言われました…お父様すごい執着心ですね」

「父の弁護士さん、なんですか?」

「いいえ。お母さまです」

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu72320Views

  2. 女性をイカせるための機械開発

    夏野38217Views

  3. 高熱は媚薬

    月島満37682Views

  4. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA26859Views

  5. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛26278Views

  6. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑25596Views

  7. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑24152Views

  8. 勘違いな片思い

    月島満20456Views

  9. 優しいはずの上司にグイグイ迫られた私は、身も心も強引に暴かれる

    夢咲 花笑19881Views

  10. 1年半も彼氏が手を出してくれなくて自分からお誘い!甘く優しく解されてやっと一つになれた夜

    夢咲 花笑17563Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 イキっぱなし 乳首責め 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし 好きな人 ちょっと過激に スリル 中出し OL

すべてのタグを見る