イクって何なの?

・作

恋人との性行為でイッた経験がない愛衣。愛する恋人をガッカリさせたくないため、恋人になった美月には先にその経験を伝えた。すると美月のプライドは燃え、愛衣はじっくりとした恋人の愛撫に悶えることになる。イクことが何なのか知らないあなたに送る甘々セックス物語。

「あたしね、今まで一度もイッたことがないんですよ」
「…それは、今言わなきゃいけないことなの?」

飯田愛衣は、仰向けの体勢で言った。目の前には、愛衣の恋人である谷川美月の顔がある。冷たい美人と社内でも名を馳せる美月は、にこりともせずに愛衣の顔を見下ろしていた。

愛衣は、美月に押し倒されていた。革のソファは体温を奪うように冷たい。2人が一緒に見ていた映画は、もはやBGMとなってしまっていた。

(美月さんのおうちで、映画観てだらだらして、ちょっとキスが始まって、押し倒された)

仕事の大先輩であり同じ女性として働く美月。彼女と付き合っているという状況も夢のようではあるが、この状況も愛衣にとっては非現実的だ。

「だって、美月さん。私は美月さんに告白して付き合ってもらった身ですよ?」
「それと、イクことの関連性が私にはわからないわ」

美月はとても冷たい言い方だった。にこりとも笑わないのも、冷たく突き放すような言い方をするのも、美月の癖だ。最初は愛衣も嫌われているのではないかと不安に思ったこともあったが、杞憂であったことを知ったのは半年前に付き合い始めたからだ。

「今までは、男と付き合ってきました。セックスでイかないから、イク演技をして関係を円満にしてきたんです」
「それは何?これから私の前で演技をするっていう宣言なのかしら?」
「違います!美月さんには嘘つきたくないんです!だから演技なんかしませんが…イかなくてもあたしの問題なんですよって言いたくて…」

ぐっと愛衣は唇を噛み締め、美月の目を見上げる。

「美月さんに嘘つくの、嫌なんですよ…」

愛衣にとって美月は愛しい恋人だ。大好きな人で、いつだって誠実でいたい人。

「随分と、可愛いことを言ってくれるのね」
「可愛いというか…不感症だと思うんです。本当がっかりするかと…」
「そういう風に言われると、逆に燃えるじゃない」

え、と愛衣は驚きを口にした。見上げる美月の薄い唇はきれいに歪んでいた。
氷のような色香を湛える口元を、愛衣は呆けたように見入ってしまった。

*****

公開日:

感想・レビュー

1件のレビュー

イクって何なの?のレビュー一覧

  • 手に取る様に判ります

    相手を満足させてこそ
    行けるのだと思いまし
    男よりも女性同士の方がポイントも判るし良いのかも
    なんだか私も行きたくなりました

    麻里子 さん 2022年4月30日

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu66165Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満40178Views

  3. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA28307Views

  4. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛28150Views

  5. 女性をイカせるための機械開発

    夏野27847Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑25640Views

  7. 聖女様のお仕事

    AYA22180Views

  8. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑20999Views

  9. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野18541Views

  10. 10歳年下の少年野球のコーチに迫られ、久しぶりの快感に震えるシングルマザー

    ウスノワメビ18076Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし 好きな人 ちょっと過激に スリル 中出し OL

すべてのタグを見る