初めての快感、初めての関係

・作

今夜も、お気に入りのバーへ向かった私。気になっている常連客の麻田さんが居ない。仕事のSOSメッセージが入り会社に戻ろうとドアに向かうと、突然マスターにキスをされ視界が真っ暗になった。頭痛で目が覚めると、キャンドルが灯る部屋で私は裸でベッドに横たわっている。「こんばんは」ドアが開き、微笑みながら麻田さんが入ってきた。

今夜は、どんなカクテル頼もうかな…。

仕事を終えた私は、いつもの道を通り過ぎて、お気に入りの場所へ向かった。

バーが近づくと自然と微笑がこぼれ、ヒールを鳴らしビルの階段を降りていった。

煩わしいことは階段に置いて、重い扉を開けた。

「あれ?」

自然と出た言葉が幼稚に思え、うつむいた。

いつもの席に、麻田さんが居ない。

マフラーの中でため息をついて外しながら、私はいつも座る席に向かった。

「こんばんは」

「いらっしゃいませ、平井様」

椅子に掛けようとしたコートのポケットが静かに動いている。

(そういえば今日の星座占い、最下位だったな…)

スマホを取り出すと、

『朝一で提出の書類が、まとまりません!』

指導している後輩からのSOSのメッセージだった。

(ああ…。何度も確認したのに…)

「マスターごめんなさい。仕事が入って…。また来ます」

「そうですか…。またのご来店、お待ちしております」

マスターは笑みを浮かべ、私が座っていたテーブルの前に置いたコースターを下げた。

私はスマホを握りコートを着ながら、後ろ髪引かれる思いで入口へ向かった。

「?!」

重厚なドアの前で、後ろから腕を引っ張られ、振り返ると、マスターが私の唇を奪った。

私が抵抗する前に、マスターは唇を離した。

口の中に、変な味が広がって、舌が痺れる。

「平井様…」

マスターの顔がぼやけていき、私の視界は真っ暗になった。

*****

目が覚めると、二日酔いのように身体がグラグラした。

「…え?何で?」

私は裸で大きなベッドの上にいる。

肌触りのいい黒いシーツをたぐり寄せ身体を覆いながら、ゆっくり起き上がった。

心地いい香りが鼻に入ってくる。

周りを見ると、大きさや長さが違うキャンドルが何個もあり、部屋を灯している。

(どこなんだろう…マスターにキスされてから記憶が…あ、仕事!服、私の服…)

ベッドを降りると、足がもつれて倒れ込んだ。

「こんばんは」

ドアが開き、麻田さんが微笑みながら入ってきた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. ご主人様の言う通り…高額アルバイトの真実

    天音澪莉33170Views

  2. 友達にはバレたらいけない夜の出来事

    勝田27595Views

  3. 会社のためのラブドール。優しい痛みに壊されて…。

    天音澪莉27584Views

  4. 性感マッサージのセラピストにハマっちゃう!

    十月夏葵23823Views

  5. なんで可愛い後輩君のペニスがこんなに巨根なの!?

    木沢23321Views

  6. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな20152Views

  7. きっかけは花粉症?!意中の彼と両想いラブラブエッチ

    青海なぎ14128Views

  8. 子犬系男子が残業続きで臭ってきたから、シャワーを貸してあげたら、懐いちゃった話

    八代もも13863Views

  9. とってもタイプの配達のお兄さんに出逢ってしまい、誘惑してママから隠れてクローゼットでイチャイチャする話

    八代もも12939Views

  10. 配達のお兄さんとのとろけそうな時間。

    猫猫にゃん12610Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス ちょっと強引に 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 乳首 思わぬ展開 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 OL ちょっと過激に スリル 挿入なし

すべてのタグを見る