M男で可愛い歳上彼氏

・作

2つ歳上の幼なじみ・拓と付き合い始めた澪は、M男である彼に合わせたプレイを楽しんでいる。言葉で責めて、我慢を強いて、拘束して焦らして。屈辱的な体位に、辱めの言葉の数々。虐められることに快感をおぼえて善がる彼が可愛くて、いつしか澪は虜になっていた。

「拓、動いちゃ駄目だからね」
「澪ちゃん…」
「ほら、ステイ…拓は今から私のディルドになるの、わかった?」

幼馴染の拓は、私より2つ歳上の31歳。ずっと好きだったんだと告白されて、付き合い始めたのが約1年前。最初はありふれたセックスをしていた私たちだったけれど、拓の性癖を知ってからは私が主導権を握ってリードするようになっていた。

「ンッ、はぁ…私がイくまで、しっかり勃起させておいてね」

拓はいわゆる『M男』で、言葉で責められたり我慢させられたりするのが好きだった。今日はまず彼だけを全裸にして、手足を拘束。仰向けに寝かせたうえで首輪とリードもつけてあげ、騎乗位で跨った私が責めるプレイからスタートする。

「ッぅ…う…は…」
「気持ちいいの?」
「気持ちいい、です」

私がリードを横方向にひいて拓の首を締めれば、中の肉棒が更にそそりたつのがわかった。拓がプレゼントしてくれた黒のセクシーランジェリー。それを身にまとって見せつけるようにしながら、明るいままの室内で彼の下半身を責めたてていく。

「み、澪ちゃん…そんなに、キツくしたら」
「私より先にイッたらお仕置きね」
「でも…ぁ…ッ…」
「ッンあぁ…ちょっと、動いたら駄目って私言ったよね?」
「ごめん、なさい…」

私が肉筒に力を込めて拓の陰茎を刺激すれば、快楽に弱すぎる彼は我慢ができずに腰を突き上げてしまった。たった一突き、けれども私の言いつけを守らなかったのは事実だ。

「何で拓は我慢できないの? いつまで経っても童貞みたいだね」
「ぁ…ぅ…澪、ちゃん…はやい…はやい、よ」
「私のペースで動いているだけだよ? まさかイキそうとかじゃないよね…そんなの、早漏すぎて笑っちゃう」

叩いたり踏みつけたりなど、物理的に痛めつける行為はお互いあまり好まない。だから私は見下したような口調で拓を虐めたり、我慢を強いたりすることでプレイを進めることにしていた。

「ン…ぐ…ぅ…澪ちゃん、お願い…ぁ…ぁ…」
「拓、射精しそうなの?」
「ぁ…澪ちゃん、ごめんなさい…ごめん、なさい…」
「私より先にイくとか、何様のつもりなの? 我慢は?ねぇ?」
「ごめん、む、り…ッは、ああぁッ…」

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu66139Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満40172Views

  3. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA28297Views

  4. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛28138Views

  5. 女性をイカせるための機械開発

    夏野27846Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑25638Views

  7. 聖女様のお仕事

    AYA22150Views

  8. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑20975Views

  9. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野18539Views

  10. 10歳年下の少年野球のコーチに迫られ、久しぶりの快感に震えるシングルマザー

    ウスノワメビ18030Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし 好きな人 ちょっと過激に スリル 中出し OL

すべてのタグを見る