イケメン社長はシンデレラバストがお好き

・作

とあるランジェリーブランドのモデルに選ばれた佐倉莉音(りおん)は撮影終了後、ブランドの社長である伊勢崎豊から声を掛けられる。控え室で次の仕事の話を…とのことだったが、社長から提示されたのはセクシーランジェリーの数々。これを着た姿を見せてくれればと、莉音は枕営業の誘いを受けてしまい…

「じゃぁまずは、いくつか軽くポーズとって。自然体でいこう、自然体」

ここは都内某所の撮影スタジオ。ランジェリーモデルとしてオーディションに合格した私は、とあるブランドの製品を身にまとってカメラの前に立っていた。

「背中側もね。そうそう、バックのデザインがよく見える角度でお願い」

カメラマンや下着のデザイナー、ブランドの企画担当者など。数名に囲まれて指示を受けながら、私はめまぐるしくポーズを変えてオーダーに応じていく。モデルとしての撮影の仕事はそれなりに経験があるものの、下着姿というのはこれが初めてだった。

「今度はソファに座ったりしてみようか」

お世辞にも胸が大きいとはいえない私だが、今回のブランドでは新しく小さめサイズの展開を始めるとのことで、起用が決定した。いわゆる「シンデレラバスト」などと表現されるサイズ感。華奢さをカバーしながらも、変に寄せたり盛ったりすることのないデザインには好印象を抱いた。

「じゃぁ次のデザインに着替えお願いしまーす」

撮影は順調に進み、定刻よりも少し早いくらいに終了となった。私はモデル事務所には所属しているものの、専属でマネージャーが付くほどの売れっ子ではない。この日もマネージャー社員は、別のスタジオで撮影している他のモデルと私の掛け持ち状態。しかも向こうの撮影が長引いているとのことで、しばらくはどこかで時間を潰す必要がありそうだった。

「ちょっと、いいかな」

そんな折に声を掛けてきたのは、このランジェリーブランドの社長──伊勢崎豊さんだった。爽やかで清潔感のある顔立ち、浅黒い肌にスラリとした長身。元は老舗と呼ばれるような下着メーカーから、若者向けランジェリーブランドを立ち上げて展開。テレビや雑誌にも多数出演する、有名社長だった。

「佐倉莉音さん、だったよね?」
「はい、そうです。本日は素敵なお仕事に携わらせていただき、ありがとうございます」
「いえいえ、こちらこそ。それで…この後、少し時間あったりするかな?」

私はマネージャーの迎えが来るまで待っていることを伊勢崎さんに伝える。どうやら、次の仕事の打診を…という雰囲気だ。本来であれば事務所を通してとなることだが、話を聞いてもらうだけでもいいからと言われた私は、社長の後について控え室へと移動した。

「実は今度、友人が新たにブランドを立ち上げることになってね…」

そう言って伊勢崎社長が机の上に並べ始めたのは、実にセクシーなデザインの下着たちだった。シースルー、オープンクロッチ、マイクロビキニ等々。今日の仕事とは異なる毛色の、いわゆるアダルト路線の商品だ。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな55670Views

  2. 会社のためのラブドール。優しい痛みに壊されて…。

    天音澪莉45311Views

  3. 淡白だと思っていた彼氏が一人でシてて…

    十月夏葵35623Views

  4. 大好きな彼とのセックスが淡白すぎて、一人エッチにはまってしまった私

    八代もも30572Views

  5. いつもと違う幼馴染から愛される夜

    勝田23869Views

  6. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな22975Views

  7. 裏垢女子~ヒミツもカラダも暴かれて~

    青海なぎ22723Views

  8. 弱みを握られた義父に無理やり犯される

    黒子せな20222Views

  9. とってもタイプの配達のお兄さんに出逢ってしまい、誘惑してママから隠れてクローゼットでイチャイチャする話

    八代もも17149Views

  10. 夫に相手にされない私が勇気を出して快楽の園を訪ねる話。

    猫猫にゃん17131Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX ちょっと強引に キス 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る