拗らせ剣心君の愛情表現

・作

天地剣心は、美空桜子のことが大好き。だけどそれを伝えられないまま、彼は初恋を拗らせに拗らせていた。そしてその思いが、あることをきっかけに大爆発。大好きな幼馴染の感じてる顔がエロ可愛すぎて、剣心君は止まれません。

ことの発端は、桜子の何気ない言葉だった。

「伊藤君ってさ、Sっぽくてカッコいいよね」

俺・天地剣心(ケンシン)と美空桜子(サクラコ)は家が隣の幼馴染で、俺はずっと桜子のことが好きだった。

大好きで大好きでどうしようもないのに、この想いを桜子には言えないまま。それは大学生になっても変わらず、卒業間近の今になっても俺は幼馴染ポジションから動けないでいた。

「伊藤?アイツはダメ。タラシだから」

大学近くのカフェでアイスココアを飲みながら、俺は気怠げにそう告げた。

つか何だよSっぽいって。そんなタイプが好きとか初耳なんだけど。

「そっかぁ、タラシじゃダメだよね。残念」

「好きだったの?」

「まだそこまでは。かっこいいなって思ってただけで」

「ふぅん。まぁとにかくアイツを好きになるのは、ナシの方向で」

「うん。剣心がいうならそうする」

ニッコリ笑いながらそういって、桜子は大きめのクッキーにぱくっとかじりつく。

…何だよその台詞。しかもその顔。めちゃくちゃ可愛いじゃん。俺がそういうならって、信頼度半端ねぇじゃん。マジ何でそんな可愛いんだよ。つか、クッキーの食い方も小動物みてぇ。今すぐ飼いたい。

「剣心?どうしたの?」

「ん?や、何でも」

脳内でこんなくそ気持ち悪りぃ事考えてるなんて、絶対知られる訳にはいかない。俺は涼しい顔して、桜子の飲んでたカフェラテをヒョイっと奪って飲んだ。それに対し、桜子はいつもの事って感じで気にも止めてない。

良いのかよ、間接キスなんだぞ…!

「ねぇ、さっきから何?」

「何でもねぇって」

「悩み事あるんだったら、いってよ?私には」

「…ん」

ああぁぁ、チクショウ!マジで可愛過ぎる!!

脳内で一人悶えながら、また今日も告白できそうにない自分にガックリと肩を落とした。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. ご主人様の言う通り…高額アルバイトの真実

    天音澪莉32579Views

  2. 会社のためのラブドール。優しい痛みに壊されて…。

    天音澪莉29194Views

  3. 友達にはバレたらいけない夜の出来事

    勝田27384Views

  4. なんで可愛い後輩君のペニスがこんなに巨根なの!?

    木沢22560Views

  5. 性感マッサージのセラピストにハマっちゃう!

    十月夏葵22409Views

  6. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな21739Views

  7. とってもタイプの配達のお兄さんに出逢ってしまい、誘惑してママから隠れてクローゼットでイチャイチャする話

    八代もも14946Views

  8. きっかけは花粉症?!意中の彼と両想いラブラブエッチ

    青海なぎ13914Views

  9. 弱みを握られた義父に無理やり犯される

    黒子せな13860Views

  10. 子犬系男子が残業続きで臭ってきたから、シャワーを貸してあげたら、懐いちゃった話

    八代もも13709Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス ちょっと強引に 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 乳首 思わぬ展開 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 OL ちょっと過激に スリル 挿入なし

すべてのタグを見る