僕の可愛い魔女様~媚薬の実験台~

・作

アマネは魔女様が大好き。魔女様を自分のモノにするために、「心も体も傾けられる薬」を作って魔女様に飲ませてみたら…。可愛い年下クンにたっぷりと愛される、魔女様の身も心も蕩ける一夜を年下クン目線でどうぞ。

魔女様は、とっても可愛くていつも甘い匂いがする。
柔らかくて、温かくて、色んなことを教えてくれる。

魔女様が何歳か?なんて分からないけど。
きっと20歳の僕よりも随分と長く生きてると思う。
でも、年齢なんて気にならない位魔女様は可愛くてそして綺麗だ。

だから僕は毎晩、魔女様にたっぷりとお礼をするんだ。

魔女様が僕なしではいられない体になるように。
魔女様が僕以外の腕に抱かれる暇がないように。

*****

「どうしたの、アマネ」

魔女様の声は透き通っていて良く響く。
宝石のように輝く瞳が僕を見つめる。

「魔女様、僕ね、お薬を作ってみたんです」
「あら素敵ね。どんな薬なの?」

魔女様は興味深そうに、僕の差し出したマグカップを見た。

「惚れ薬です」
「惚れ薬なら、いつも作ってるじゃない」

小首をかしげると、魔女様の炎のように赤い髪が揺れた。

「もうちょっと、即効性のあるのが欲しいなって」
「即効性?」
「そうなんです。即効性というか即物性というか…」
「あら、媚薬?」

魔女様は聡い。
僕が全ていう前に、いつだって僕の考えを見抜くんだ。

「ん~媚薬は心が伴わないですよね。あくまで軸は惚れ薬なんです」
「心も体も傾けられるってこと?」

そう。
だって僕は、魔女様の全部が欲しいんだ。
心も、体も。
僕のモノにしたい。

例えひと時でも。
薬の力でも。

「…そうなると良いなぁって」
「研究熱心なのね、アマネは」

そう言うと魔女様は僕の頭を撫でてくれた。
綺麗な指先が、愛おしそうに何度も髪に触れる。

「魔女様、一緒に飲みませんか?」
「あら、アマネも飲んじゃったら効果を観察できないじゃない」

ゴクリと唾を飲み込む。
効果には自信がある。
理論は完璧なはずだ。

でも、もし、万が一。
万が一失敗したら…。

「僕、自信はあるんです。あるんですけど」
「大丈夫よ、アマネ。あなた、失敗したことないじゃない。ね?」

ふんわりと笑う魔女様の顔に、胸が苦しくなる。

「ほら、貸して」

おずおずとマグカップを差し出す。

「魔女様、あの、やっぱり僕も…」

僕の言葉なんか聞こえないように。
魔女様はゴクゴクと薬を飲み干してしまった。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu66166Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満40186Views

  3. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA28307Views

  4. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛28153Views

  5. 女性をイカせるための機械開発

    夏野27847Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑25640Views

  7. 聖女様のお仕事

    AYA22191Views

  8. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑20999Views

  9. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野18551Views

  10. 10歳年下の少年野球のコーチに迫られ、久しぶりの快感に震えるシングルマザー

    ウスノワメビ18101Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし 好きな人 ちょっと過激に スリル 中出し OL

すべてのタグを見る