閉店後のエステサロンでオーナーと私は…

・作

ごく普通のOLである皆本絢子(あやこ)は、行きつけのサロンに緊張した声で予約の電話を掛けていた。目的はいつものエステでもマッサージでもなく「スペシャルデトックスコース」という特別メニュー。男性オーナーを指名できる秘密の施術、その実態はオーナーとの濃厚でえっちな時間とサービスで…

「はい、リラクゼーションサロン・ヴェリータでございます」
「あの…予約を、お願いしたいのですが」
「かしこまりました。会員証はお手元にございますでしょうか?」

電話口での案内に沿って、会員証番号と希望する施術のコース名を伝える。実に簡単なやり取りだが、私の心臓は緊張に震えて早鐘を打っていた。

「ス…スペシャルデトックスコースで」
「…少々、お待ちください」

受付スタッフのわずかな沈黙と、その直後から流れてきた保留メロディーの長さに、私の手のひらにはじわりと汗が滲み始める。

スペシャルデトックスコースは、いわば『裏メニュー』にあたる特殊な予約。普段はお店で施術を行わないオーナーを、特別に指名できる制度だった。

「皆本様、ご予約可能なお日にちですが…」

私は仕事の予定と照らし合わせて、来週末の夜に予約をお願いした。施術の開始時刻はサロン閉店後の21時半で、120分間のコースになる。

「当日は岩瀬が担当させていただきます。お気をつけて起こしくださいませ」

オーナー指名のコースを利用するのは、これが2回目。誰でも予約が可能というわけではなく、口外も固く禁止されている。1回目の施術のときを思い出すだけで私の全身は熱く火照り、甘い溜息が漏れてしまうのだった。

*****

「絢子さん、2回目のご予約ありがとうございます」

予約当日。凛としたテノールを響かせて、岩瀬オーナーが私を出迎えてくれた。そのまま連れ立ってサロンがあるフロアから1つ上階まで移動し、廊下を通り抜けて『Owner’s Room』と掲げられた扉の前へと向かう。

「では施術着に着替えていただいて。私は、あちらで準備を始めていますので」
「はい…宜しくお願いします」

鍵の掛かっていた重厚な扉の向こうには、机と書棚とソファだけの簡素な執務室があった。しかし私たちの目的はさらに奥、もう1枚の扉の先。隠し部屋のようなその場所にはサロンと全く同じ施術台があり、心地よい室温の中で馴染みあるアロマが焚かれていた。

「岩瀬…さん」
「では、こちらへ」

スペシャルデトックスコース、それは岩瀬さんから性的サービスを受けられる秘密の施術。数回ほどマッサージやエステを利用した後、店外で声を掛けられたのが始まりだった。

「ンッ…はぁ…」
「まずは体をほぐすところから…」

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 王様ゲームで4Pセックスしちゃった話

    まゆり76767Views

  2. 箱入り娘な私が、執事に調教されるなんて…

    甘乃実弥34342Views

  3. 眼鏡を取った彼は別人のように私を抱く

    甘乃実弥33616Views

  4. 子供扱いじゃなくて女扱いして

    十月夏葵32746Views

  5. マンションの隣に住む仲良し夫婦の秘密とは…

    まゆり31749Views

  6. 触手に自由を奪われて…終わりのない螺旋快楽

    天音澪莉29524Views

  7. 最後まで気づかれなかったら…ご褒美な?

    甘乃実弥26762Views

  8. おもちゃ好きの彼はが今日持ってきたのは、いつもと違って小さい電マだった

    夢咲 花笑21315Views

  9. 喰い付くケダモノ。

    16779Views

  10. 水泳のコーチはエッチな兄弟でした

    甘乃実弥13505Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛撫 愛のあるSEX キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 指挿れ イキっぱなし 乳首責め 乳首 ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き いじわる 言葉責め 彼氏 胸きゅん フェラ 年下クン 年上の男性 好きな人 ちょっと過激に 挿入なし スリル 中出し OL

すべてのタグを見る