私だけが知る、上司の夜の顔

・作

尊敬している上司はとても厳しい人。そんな彼が、まさか私のことを好きだなんて。しかも、これでもかってくらいにとびっきり甘い。これって本当にあの上司なの?まるで王子様のようなエスコートに悶々としながらも、ついに迎えた初夜……。

「悪いがこの書類を頼めないか」

「……はい」

頼めないかと言いつつ、拒否権なんてあるはずもなく。

にっこり笑う社長の背後で、時計の針が定時を知らせた。

幸いそんなに難しい書類ではないようだし、これなら今夜楽しみにしていたドラマまでには帰れるだろう。

録画予約はしてきたけれど、やっぱりリアルタイムで観たい。

そう思っていたのに――

「七瀬、付き合ってくれないか」

「……はい、どちらにでしょうか」

一拍遅れたのは許してほしい。

とっくに定時は過ぎていて、与えられた残業だってあと少しで終わって帰れるところだったのだから。

「どちらに、じゃなくてだな」

珍しく言い淀む社長へ遠慮なく訝し気な視線を投げつけて、20時を回った彼の背後の時計を盗み見る。

残業していたのは社長と私だけだし、居酒屋にでも連れて行ってくれるのだろうか。

ドラマは残念だけれど、たまにはそういうのもいいかもしれない。

お酒の力を借りて、日頃の不満をぶつけるってのも、いいでしょう?

「交際を申し込んでいるんだが」

「はい。……え」

こうさい。

こうさいとは、なんだったろうか。

虹彩?

「七瀬、俺の恋人になってくれないか」

「……ちょっと待ってください社長」

弊社の社長は若くしてお父上の会社からこの子会社を作り、なおかつ急成長させたその人。

そんな人が、どこぞのホステスやスーパーモデル、社長令嬢じゃなくて、ただの一般社員である私に、交際を申し込んだ?

「付き合ってくれるよな」

ああ、またその笑顔だ。

綺麗に微笑んじゃって。

この笑顔に何度無茶な仕事を押し付けられてきただろう。

半ば条件反射で頷いた私を見て、社長は一層笑みを濃くした。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな57824Views

  2. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな49625Views

  3. 官能小説を読んでいるのが男友達にバレました

    十月夏葵38745Views

  4. 大好きな彼氏に嫌われたくなくて、執事に頼んでエッチなレッスンはじめました。

    八代もも32167Views

  5. 別れた元カレの部屋で二人きり。心の中で彼女に謝りながら今夜だけの関係を求めたら…

    八代もも22444Views

  6. 止まらない振動に快楽堕ち

    天音澪莉19334Views

  7. 媚薬を盛られて仕方なくワンナイトのつもりだったのに…

    baisu18778Views

  8. 愛し合って、ぬくもりを。

    天音澪莉15014Views

  9. アプリで知り合った10歳年上の男性と初めての中イキ

    黒子せな13796Views

  10. 推しの彼と二人だけの秘密

    勝田13093Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 中出し 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る