犬系男子の飼い方

・作

ある夜、雨が止むまでと思い迷子の大型犬を家に上げた。それ以来、懐いてしまったようで、時々家にやってきては、餌をねだる。まるでゴールデンレトリバーのような彼の名前しか知らないのに、どんどん溺れていく……。

「みさきさん、おかえりなさい」

「るいくん?来てたんだ」

自宅のエントランスを開けようとして、見知った金髪が目に入っていたから気付いていた。

さも驚いた振りをしてオートロックを外すと、ゴールデンレトリバーみたいな彼はそれが当たり前であるかのように私の横に並んで、一緒に自動ドアを潜る。

名前しか知らない彼が家に来るようになって、もう何か月経っただろう。

寒い雨の夜に傘もささずに歩いている彼を見て、思わず声を掛けた自分は少し危機管理能力が低かったと反省している。

けれどるいくんは乱暴なことをするでも、家の中を荒らすでもなく、私の言葉通りにお風呂に入って身体を温め、雨が止むとまるで尻尾を振るような笑顔で去って行った。

それ以来、雨の夜になるとこうして家の前で待っていることが多くなった。

「先にご飯にしようか」

「じゃあ今日は僕が作りますよ」

我が物顔でエプロンに手を伸ばし、冷蔵庫の中身を物色する。

るいくんの作る料理はどれも美味しいから、断る理由なんてない。

規則正しい音がキッチンに響き始めたのを聴きながら、私はお風呂掃除を始めた。

綺麗になれば、蛇口を捻っておしまい。

るいくんは入浴剤の類が嫌いだから、このまま。

「みさきさん、ご飯できましたよ」

「ありがとう、いまいく」

単身用の小さなダイニングチェアに二人分の料理を並べて、顔を合わせて食事をする。

私たちの関係は恋人同士ではないのに、まるで長年連れ添った恋人みたいにしっくりくる。

今日のメニューは生姜焼き。

食べ終わった頃、ちょうど給湯器がお湯はり完了を知らせた。

それが合図。

さっきまで人懐こい笑みを浮かべていたるいくんの瞳が、一瞬ぎらりと光ったのを見逃さなかった。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu68556Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満39261Views

  3. 女性をイカせるための機械開発

    夏野33348Views

  4. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA27650Views

  5. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛27487Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑25088Views

  7. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑22621Views

  8. 勘違いな片思い

    月島満20123Views

  9. 聖女様のお仕事

    AYA19651Views

  10. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野17862Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル 中出し OL

すべてのタグを見る