現場仕事の彼と初エッチしたら、身も心もとろけちゃいました

・作

交通事故に遭いそうだった佐那を救ってくれた工藤さん。現場仕事で鍛えられた肉体とタフさで、佐那のことをたっぷり愛してくれて…。久しぶりだから?それとも肌が合うから?初エッチで凄く感じちゃうのってありなのかな?2人の忘れられない出会いの日の想い出をどうぞ。

信号が青になったのを確かめて、横断歩道に足を踏み入れようとしたその時。

「危ないっ!」

突然腕を掴まれて、グイっと引き寄せられる。
声を出す暇もなく太い腕に抱かれ思わず目を見開く。

と、同時に。
目の前を大きなトラックが横切った。

「…!」

ビックリして、力が抜けていく。
私は地面に座り込んでしまった。

「大丈夫?」

全然頭が働かない。

「…はい…」

「ん~大丈夫そうじゃないか…驚いたよねぇ」

「ちょっと、ビックリしちゃって」

「立てるかな?」

大きな手を差し伸べてくれた。

「俺、工藤」

「あっ私、佐那です」

「佐那ちゃん、夕飯まだだよね?」

「そうですけど…?」

「あそこ、ほら、看板見えるでしょ。俺良く行く定食屋さんなんだ」

「定食?」

「そそ。和食メインだけど、良かったらご飯食べようか。近いからあそこまで頑張れる?」

工藤さんの指さしたお店までは30メートルくらいだった。

ゆっくりと立ちあがり、ノロノロと歩く。
ふわふわして、自分の足じゃないみたい。

工藤さんはずっと私を支えて歩いてくれた。

*****

気が付くと2人で私の部屋で食後のお茶を飲んでいて。

私がふと事故に遭いそうだったことを思い出して震える度に抱きしめてくれて。
分厚い胸板に、筋肉質な身体。
大きな手と太い腕が私を優しく包んで。

こんな時間が、ずっと続くと良いなぁって。
工藤さんの腕の中でぼんやりと思ってた。

「佐那ちゃん、眠くなっちゃった?」

ボーッとしてた私の顔を覗き込んで工藤さんが言った。

長いまつ毛に大きな瞳。
改めて顔を見ると、工藤さんはイケメンの類だった。

「あっ、そうじゃなくて…その、温かいなぁって」

「俺?体温高めなんだよねぇ…暑かった?」

「いえ、あの。人の温もりって、久しぶりで」

「俺も、こんなに可愛い子をずっと抱きしめてられるのは…久しぶりかも」

「可愛い子って…」

私を抱く手に力が入った。

「佐那ちゃん、可愛い」

ギュッと抱きしめられる。
心臓の音が聞こえてしまいそうな程大きく高鳴った。

おずおずと工藤さんの首に手を回してみる。
2人の顔が、近づく。

そっと目を閉じると、唇に温かい感触がした。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 風俗でバイトしていた過去がばれ、上司に脅され犯されるなんて…

    秋宮未来76181Views

  2. 年上の甘い彼氏に調教されてます

    十月夏葵43026Views

  3. 姉が酔い潰れた夜、姉の彼氏とエッチな雰囲気になってしまった妹。罪悪感は次第に快楽へと変わっていって…

    八代もも26165Views

  4. 新しい弟と私の性事情の話。

    かぁゆ23146Views

  5. 復讐には復讐で ―慰謝料の代わりに不倫相手の妻にお仕置きされて…―

    まゆり22053Views

  6. 中国俳優はベッドで激しく私を愛する

    甘乃実弥20574Views

  7. 絶倫彼氏の愛の暴走。嫉妬に狂って連続中出し

    天音澪莉19043Views

  8. 酔い潰れている夫の真横で元彼の性玩具にされた夜

    秋宮未来18916Views

  9. 隠していたおもちゃを同棲中の彼氏に見られて意地悪されちゃった夜

    りんご18793Views

  10. お客様は元同級生??告白できなかった憧れの男子といきなりエッチすることになるなんて…

    八代もも16935Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き いじわる 彼氏 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 年下クン 中出し 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る