忘れられない元彼と再会H

・作

5年前に勇士と別れてからも、忘れられずにいた奈都。誰と付き合っても、キラキラした想い出がトゲのように心に刺さっていた。思いがけない再会でホテルに入った2人は、離れていた時間を埋めるように愛を確かめ合い…。

「懐かしさ」だけじゃなかった。
誰と過ごしても、勇士のことを忘れられなかったのは本当だけど。

「勇士とだったら」
「勇士なら」
何度も飲み込んだ言葉。

どんよりとした夜空には、2人でいつも見あげた月はない。
何もかも上手くいくことなんかないんだから。
ささいな喧嘩なんかで全部を投げ出さなければ良かった。

愛しさもせつなさも。
勇士が教えてくれたのに。

別れてから5年も経ったけど、もう一度肌を重ねればあの頃の2人に戻れるような気がしてた。
…そんなの無理だって、分かってるけど。
もう一度空を仰ごうとしたその時。

「なっちゃん!」
背後から、聞きなれた声がした。

ゆっくりと振り返ると。
あの頃のように人懐こく笑う勇士がいた。

*****

「なっちゃん、どうかした?」

ふと見上げると勇士の顔が近かった。

「ん。何でもないよ」

表情が見えないように勇士にギュッと抱き着く。
勇士の大きい手が頭を撫でてくれる。

「なっちゃんはホント甘えたがりだよなぁ」

優しい声は、もうあの頃のように私のものじゃない。
もう一度手を伸ばして欲しがって。
またダメになったら…きっと立ち直れないから。

「…また余計なこと考えてる」

見透かすような勇士の声にハッとして顔をあげる。
触れるように優しいキス。
確かめるように、何度も何度も。

肩に入っていた力が少しずつ抜けていく。

温かい指が触れて、私の肌の上をゆっくりと滑って。

「なっちゃん」

いつもより少し低い声。
ベッドの中でしか聞くことがないこの声がたまらなく好きだった。
胸の奥が甘くしびれる。

勇士の指がクリトリスに触れる。

「んっ…」

「なっちゃんここ好きだよね」

そう言いながら勇士はゆっくりと刺激をはじめた。

「あっ、んっ」

吐息に熱がまじる。
頭がボーッとして、息が荒くなる。

クリトリスを扱(しご)かれて、身体がビクンと跳ねた。

「大きくなってきた」

そう言うと勇士は、クリトリスを舐めはじめた。
思わず脚に力が入る。

「ほらダメなっちゃん、ちゃんと脚開いて…」

「だって、ダメ、そこ」

途端に刺激が強くなる。

「あっごめ、ダメじゃな…気持ち良い、いいから…」

勇士の舌が激しさを増す。

勝手に腰が動く。
身体が熱い。

「あっ、も、もう…ダメ、いっちゃう」

私は意識を手放した。

「なっちゃん、おいで」

勇士の声に、腕に。
導かれるように胸に抱かれた。

(あったかい…)

ボーッとしていた頭がようやくクリアになってくる。
脚に勇士の熱いモノがあたってる。

「ねぇ、ゆうしぃ…」

首に腕を絡めて、勇士に跨(またが)る。
ソロソロと指を伸ばすと、勇士の熱いモノがビクンと動いた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 風俗でバイトしていた過去がばれ、上司に脅され犯されるなんて…

    秋宮未来75134Views

  2. 年上の甘い彼氏に調教されてます

    十月夏葵44248Views

  3. 姉が酔い潰れた夜、姉の彼氏とエッチな雰囲気になってしまった妹。罪悪感は次第に快楽へと変わっていって…

    八代もも25789Views

  4. 復讐には復讐で ―慰謝料の代わりに不倫相手の妻にお仕置きされて…―

    まゆり24342Views

  5. 新しい弟と私の性事情の話。

    かぁゆ22903Views

  6. 中国俳優はベッドで激しく私を愛する

    甘乃実弥21664Views

  7. 酔い潰れている夫の真横で元彼の性玩具にされた夜

    秋宮未来19676Views

  8. 絶倫彼氏の愛の暴走。嫉妬に狂って連続中出し

    天音澪莉19545Views

  9. 隠していたおもちゃを同棲中の彼氏に見られて意地悪されちゃった夜

    りんご18497Views

  10. しおこ15851Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き いじわる 彼氏 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 年下クン 中出し 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る