貴方に触れて、声を殺して

・作

結婚を考えていた彼に誕生日間際に振られてしまったさゆり。泣きながら仲の良いミナに打ち明けると、彼女が誕生日会を開いてくれることに。楽しい時間を過ごし、幸せに浸りながら眠っていたら数時間後、違和感で目が覚めると、自分の上に後輩の棗(なつめ)が乗っていて…

「好きな人が出来たから別れて欲しい」

大好きな彼にそう言ってフラれた。

私の28歳の誕生日、数日前の出来事だった。

結婚すると思っていた。

ショックで眠れず、放心状態で出社した。

同期のミナの顔を見ると、一気に悲しみが溢れてしまった。

ギョッとする彼女の反応を無視して、泣きながら全てを打ち明けていた。

「最低!さゆりがいるのに目移りするようなバカな男は忘れなさい!」

頭を撫でながら、私を慰めてくれるミナの優しさに余計泣けてしまった。

「よしよし!誕生日は私と飲もう!せっかくだし、みんなも誘って楽しもうよ!」

「みんなって…?」

「今面倒見てる後輩がいるんだけどね、良い子だし、きっと楽しいよ!こういう事は時間が癒してくれるから!仕事終わり、私の家に集合ね!」

*****

誕生日当日。

毎年、一緒に祝ってくれた彼はもういない。

「忘れなきゃな…」

自分に言い聞かせて、仕事に向かった。

仕事終わり、ミナの貸りているマンションに向かう。

「さゆりお疲れ~!」

ミナが笑顔で迎えてくれた。

中に入ると、知らない3人が一斉に私の方を見た。

笑顔で会釈してくれる。

「うちの部署の後輩と、その同期達」

ミナが一人ずつ紹介してくれた。

女の子がミナの直属の後輩、サクラちゃん。

その同期の、陽翔(ハルヒ)君と棗(ナツメ)君。

三人ともまだ23歳。

新卒のフレッシュさがあった。

「さゆりさん、お誕生日おめでとうございます」

サクラちゃんが笑顔でお祝いしてくれた。

今日出会ったばかりなのに、友達みたいに祝ってくれて嬉しかった。

*****

ミナが準備してくれた料理と、サクラちゃん達が買ってきてくれたお酒とケーキでお祝いしてもらった。

ミナとサクラちゃんは早々に潰れて眠ってしまった。

皆にお酒を勧めながらハイペースで飲んでいた陽翔君もテーブルに突っ伏していた。

棗君と私だけがまだ起きている。

「お酒、強いんだね」

私が聞くと、彼は微笑んで目を伏せた。

「学生時代、サークルで鍛えられたので…。さゆりさんも、ペース早いのに平気そうですね」

「そんなことないよ、実は結構眠い」

私は笑いながらグラスを見つめた。

楽しかったな。

失恋を、数時間だけど忘れられた。

棗君と二人で話していた。

「さゆりさんは、ミナさんと仲良しなんですね」

「うん、同期だし付き合いも長いから」

「ミナさんに、さゆりさんを元気付けてあげてねって言われて…あの、失礼ですが、何かあったんですか?」

ミナ、嬉しいけど後輩に気を遣わせ過ぎ。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 性感マッサージのセラピストにハマっちゃう!

    十月夏葵44462Views

  2. 年上の甘い彼氏に調教されてます

    十月夏葵44153Views

  3. ヤンチャな彼氏におもちゃを使ってお仕置きされる

    川海月42782Views

  4. 友達のままだったら知らなかったこと

    勝田39915Views

  5. 片思いの相手には彼女がいてクンニ好きだった。それを知ったクンニ好きの私が彼に舐めてほしいといってみたら…

    八代もも36533Views

  6. セクサロイドを買って中イキまで開発してもらいました

    アオイチョウチョ28397Views

  7. 名前も知らないイケメンのいたずらから大学の空き教室で…♡

    青海なぎ26162Views

  8. いい旅、いいお湯、いいオジサマ?

    十月夏葵22342Views

  9. ワンナイトでクセになりそうなほど攻め立てられてしまいました

    アオイチョウチョ20689Views

  10. 憧れの先輩と行くことになった出張先の夜。

    猫猫にゃん18953Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス ちょっと強引に 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 乳首 思わぬ展開 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 彼氏 潮吹き 胸きゅん いじわる フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 OL スリル ちょっと過激に 挿入なし

すべてのタグを見る