ベッドの中ではいじわるな騎士長様

・作

マリーローズと婚約者の騎士長レイルは、レイルが多忙すぎてゆっくり会うこともできませんが、その分会えた時には愛を深めあっています。いつも忙しく駆け回る騎士長様と、ちょっと意地っ張りで寂しがり屋のお嬢様のイチャラブ。

どんなに素敵な花が届いたって、傍にいてくれなきゃ意味がない。

どんなに綺麗なドレスを着たって、見せる人が居なきゃつまらない。

「早く帰ってこないかなぁ…」

2~3日に1度届く「お元気ですか?」ではじまる手紙と1輪の薔薇。

それだけが、彼女と婚約者である騎士長レイルを繋ぐ絆だった。

窓を見つめながら今日何度目かの大きなため息をついた。

「お嬢様、外から見えてしまいますよ」

侍女のサラの声に、慌てて顔をあげる。

「いいのよどうせ。今日もお戻りにならないんだわ」

思わず自分の口をついて出た言葉にハッとする。

(お仕事だもの仕方ないのよ。)

そう、お仕事だもの。

結婚を控えているのに月に数度も会えないのも。

2人きりの甘い時間を持てないのも。

「お仕事だから、仕方な…」

言いかけた瞬間、勢いよく部屋のドアがノックされた。

*****

「きゅっ急にお戻りになるなんて」

マリーローズはレイルに恨みがましい目を向ける。

「驚かせて申し訳ありません。国境付近にいた夜盗の件があらかた片付きまして」

「お手紙をくだされば良かったのに」

「そうですね…でも、1秒も無駄にしたくなかったので」

ニコリとレイルが笑うと、胸が高鳴る。

この笑顔に何度ごまかされて来ただろう。

(どんな思いで待っていたか…。)

言葉を飲み込むと、優しい沈黙が2人を包んだ。

やがて沈黙を破るようにレイルが伸ばした手は、マリーローズの髪に触れ、顔に触れ、何度も何度も愛おしむように優しく彼女に触れた。

「寂しい思いをさせて申し訳ないです」

少しだけ低くて良く通る声。

「お仕事ですし…仕方な…」

彼女の唇は、レイルのそれによって塞がれる。

何度も何度も繰り返される触れるようなキスはやがて情熱を増し、肩に入った力が抜け胸のもやもやが消えていく。

頭がボーッとして頬が熱い。

「僕の大切なお姫様、機嫌を直してくださいませんか」

レイルの囁きに、マリーローズは頬を赤く染めたまま頷いた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな57712Views

  2. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな49419Views

  3. 官能小説を読んでいるのが男友達にバレました

    十月夏葵38738Views

  4. 大好きな彼氏に嫌われたくなくて、執事に頼んでエッチなレッスンはじめました。

    八代もも32126Views

  5. 別れた元カレの部屋で二人きり。心の中で彼女に謝りながら今夜だけの関係を求めたら…

    八代もも22425Views

  6. 止まらない振動に快楽堕ち

    天音澪莉19317Views

  7. 媚薬を盛られて仕方なくワンナイトのつもりだったのに…

    baisu18759Views

  8. 愛し合って、ぬくもりを。

    天音澪莉14998Views

  9. アプリで知り合った10歳年上の男性と初めての中イキ

    黒子せな13768Views

  10. 推しの彼と二人だけの秘密

    勝田13088Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 中出し 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る