今夜、僕に時間をください~満月の下で~

・作

メガネをかけて路上でライブをする樹原華。ライブの片付けをしていると気になっていた男性、宅配員の佐々木豊に「お話ししたいんですけど…」と声を掛けられる。豊と歩いていると急にビルの狭間に連れ込み華にキス。驚く華、焦れる豊。華を連れて誰もいない満月の海に行き…。

路上ライブをしていた華はメガネ越しに、自分のアコースティックのギターケースを肩に掛けて話す豊を見つめて歩いていた。

「華さん?聞いてます?」

「あ…すいません」

初めて宅配の荷物を持ってきたときから気になっていた男性。今日名前を知った、佐々木豊。

数時間前の夕方、マンションで初めて挨拶をした。

hanaとしてのライブを終えて華に戻りつつあるとき、声を掛けてきたのが1時間前。

「あのーすいませんhanaさん…やっぱり!樹原さんですよね?今日、配達した佐々木です」

豊は、ギターケースと荷物を持ち上げると、口を開けて驚いている華の顔を見ていった。

「このあと…用とか…ありますか?」

「え?あ、えっと、ないです…」

突然の連続で、華の胸の鼓動は速くなり、ズレていたメガネを上げた。

「あの…お話したいんですけど…ダメ、ですか?」

「あ、はい…だ、大丈夫です」

そんな1時間前のことを思い出しながら、今、笑顔で華の荷物を持つ豊と、繁華街を抜けて静かなビル街を歩いている。

「…やっぱり僕…怪しいですよね?いつもhanaさんのライブ人多いし…」

「いつも来てくれてるんですか?」

豊は立ち止まると、ボトムのポケットからカードの束を出した。

「前に荷物を配達したときの帰り偶然見てから…。あの…このカード、楽しみにしてるんです。樹原さんの荷物届けるとき…」

それは、華の部屋の玄関横に受け取り用にしている椅子の上に置いている、『いつも宅配ご苦労様です。暑い時期になりますのでお体気を付けてください』と書いたカードだった。

「え?何で…」

華が、次の言葉をいいかけた瞬間、豊は手を取ってビルの隙間に入ると、華に顔を近づけてメガネが当たらないよう、軽く唇を重ねた。

「…謝るつもりないです…から」

街灯の灯りで豊の顔が紅くなっているのが分かった。

「佐々木さん…今日、初めて話しただけですよ?」

華はそういいながらも、自分も豊と同じ気持ちなことに気付き、手のひらをギュッと握り目を閉じた。

「ごめんなさい…私も、佐々木さんのこと初めて見たとき…」

豊は潤んだ目で、華が手を握り震えているのを見て、顔を近付けた。

「僕のこと初めて見たときから??」

「え?あの…佐々木さんのこと…」

「豊でいいです」

「急に呼び捨ては…」

顔を紅くした華を追い詰めるように、豊は言葉を重ねていった。

「あーもぉおお!じれったいです!!!」

豊は夜空に向いて叫ぶと、驚いている華から身体を離し手を握り締めて、隙間から抜け出した。

「ごめんなさい、佐々木さん…」

豊は、華の手を握り直し自分の指を絡ませた。

「今夜の華さんの時間…僕にください」

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな54343Views

  2. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな49836Views

  3. 官能小説を読んでいるのが男友達にバレました

    十月夏葵38836Views

  4. 大好きな彼氏に嫌われたくなくて、執事に頼んでエッチなレッスンはじめました。

    八代もも29642Views

  5. 別れた元カレの部屋で二人きり。心の中で彼女に謝りながら今夜だけの関係を求めたら…

    八代もも22502Views

  6. 止まらない振動に快楽堕ち

    天音澪莉18152Views

  7. 媚薬を盛られて仕方なくワンナイトのつもりだったのに…

    baisu16859Views

  8. 愛し合って、ぬくもりを。

    天音澪莉15036Views

  9. アプリで知り合った10歳年上の男性と初めての中イキ

    黒子せな13127Views

  10. 推しの彼と二人だけの秘密

    勝田13120Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 中出し 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る