暗闇の中を照らすふたり~デイブと里奈~

・作

里奈はマンツーマンレッスンの英会話スクールに通っている。レッスン中、突然、部屋が真っ暗に。震える里奈をイギリス人講師のデイブが抱き締める。「里奈、キスしてもいい?」流暢(りゅうちょう)な日本語で話し掛け、スマホのライトとペットボトルで誰も居なくなった暗闇の教室を灯す。初体験を思い出す痛みと痺れる快感に大胆になっていく。

突然、真っ暗になった部屋で、里奈はテーブルの下にうずくまった。

英語と日本語が入り混じる大きな声が四方から聞こえている。

「Are you OK?(大丈夫?)」「えー何なに?停電?!」「What’s happened?(何があったんだ?)」「ちょっと怖いんだけど!」

目を開けても、閉じても暗闇。

「大丈夫?里奈…」

温かく大きな身体が里奈を包み込んだ。

「日本語…デイブ話せるの?」

「黙ってたけど話せるよ。多分、停電だよ。大丈夫だから」

暗闇の中で、流暢に日本語を話すイギリス人講師のデイブの声は、違う男性のようだった。

デイブの身体から柑橘系の香りがし、里奈の鼻をくすぐる。

「ありがとう。私、暗闇が怖くて…デイブ、もう少し、このままでいいかな?」

デイブは大きな手で里奈の背中をゆっくりと擦りながら、顔をコクコクと動かし頷いた。

(あれ?あんなにいた人達の声…)

「他の人達は…居ないのかな?」

「居ないと思うよ。男性スタッフの誰かが『階段で出ましょう』っていってたの、里奈聞こえなかった?」

「え?そうだったの?」

「非常時のマニュアルがあるから、スタッフが非常階段に案内したんだと思う。誰も居ないと思うけど、見てこようか?」

デイブが身体から離れようとすると、里奈は必死で抱き付いた。

「ごめんデイブ、行かないで。本当に怖いの」

「分かった」

デイブの身体が、里奈の身体を包み込む。

(心配掛けちゃったな…。明るくなったら食事に誘おうかな…)

「ねぇデイブ、お礼に…」

「里奈…キスしてもいい?」

耳元で囁くデイブの吐息に、里奈は敏感に反応した。

デイブは、スマホを取り出し、眩しく光るライトを照らすと、その上にミネラルウォーターを置いた。

ふたりの周りに間接照明のような明るさが包み、里奈は驚いて後退りした。

「ビックリした?」

「…うん」

「どっちに驚いたの?」

「え?」

「明るくなったこと?キスしたいっていったこと?」

いつも冗談をいい笑いながら英語を教えるデイブと別人に見えた。

ブロンドの髪、エメラルドグリーンの瞳、薄っすらと光る顔の産毛。

うつむいているブロンドの睫毛をしたデイブの顔は、桜色に変わっていた。

うっとりと見とれていた里奈の頬と耳を、デイブの厚い手が優しく撫でる。

里奈の唇から吐息が漏れ、ふたりは視線を合わせた。

「キスしていいってこと?」

「ぁぁっ…うん…」

里奈の甘い息を塞ぐように、デイブは優しくキスをした。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu66093Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満40171Views

  3. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA28291Views

  4. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛28130Views

  5. 女性をイカせるための機械開発

    夏野27833Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑25628Views

  7. 聖女様のお仕事

    AYA22121Views

  8. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑20972Views

  9. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野18539Views

  10. 10歳年下の少年野球のコーチに迫られ、久しぶりの快感に震えるシングルマザー

    ウスノワメビ18002Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし 好きな人 ちょっと過激に スリル 中出し OL

すべてのタグを見る