初夜、旦那様はたくさんイカせてくれました

・作

時代は明治。撫子が政略結婚で嫁いだのは、10歳年上の華道の家元。出会ってすぐ祝言をあげ、2人は初夜を迎える。嫁いだのは優しい旦那様だったが「君をたくさん気持ちよくしますね」と愛撫が始まり、撫子は何度もイカされ続ける。

「改めまして…撫子(なでしこ)と、申します。…ふつつか者ですが…よろしくお願いします!」

 畳の上に敷かれた布団に、撫子は額をこすりつけた。10畳のうす暗い部屋の中、撫子の向かいには、白い着物の寝間着を着た32歳の男が正座をしている。

「はい、こちらこそ。こんな若い方にお嫁に来てもらって、私は本当に申し訳ないですよ」

 高ノ宮久雄(ひさお)は成熟した男性特有の色香をまとう男性だった。涼やかな目、左目の下にある泣きぼくろといい、撫子が嫁ぐ前に見たお見合い写真そのままだ。

「そんな、とんでもない、です!高ノ宮家に嫁げて、私は果報者です!」

「はははっ、そう言ってもらえると嬉しいです。嫁いでくださったからには、大事にしますからね」
 
 久雄が近づこうとした時、撫子はびくりとしてしまった。彼の動きは止まる。

 撫子の顔は、赤くなる。旧家の撫子の家と、華道の家元の高ノ宮家の政略結婚。今日まで会うことはなかったが、祝言はもう済んでいる。
 
 だから今夜、初夜を迎える。

「だいじょーぶですよ」
「きゃっ!」

 彼は、撫子をとても優しく抱きかかえた。頭をポンポンと撫でると、その髪に口づけを落とされる。

「だいじょーぶ、です」
 
 とても柔らかな口調と、撫子を気遣う抱擁。互いの白い着物同士が擦れ合う衣の音にさえ、撫子はドキドキした。

「だんな様…」
 
 撫子は彼の肩に頭をもたれかける。彼が笑った声がしたと思えば、顎に手をかけられる。

「んっ…」
 
 その口づけは、優しかった。お互いの口を触れ合わせ、感触を確かめ合う。ふにふにしてて、気持ちいい。まるで洋酒入りの西洋菓子を食べている時のように、心地よく酔ってしまいそうだ。

「あっ…ん」
 
 彼の舌が自分の口内に、入ってきた。熱い舌は自分の舌に絡む。自分の反応を細かく確かめながら、彼はキスを続ける。ゆっくりとしたキスは、じわじわと撫子の身体を温めていく。

 久雄は、そっと撫子を布団の上に横たえた。撫子はキスをしながら、久雄に両手を握られて息を呑む。

「私は…嫁いでもらったからには、君をとても大事にしたいんです」

「はい…。んっ」

「…だから今夜は、君をたくさん気持ち良くしますね」

 キスがこんなに気持ちいいものと知らなかった。与えられる優しいキスにぼんやりしていた撫子は、久雄の言葉を理解していなかった。

 『君をたくさん気持ちよくしますね』

*****

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 出張の夜、優しいイケメン同期が豹変。強引な愛撫に溶かされて…

    chiharu54186Views

  2. 後輩に媚薬を盛られて、彼氏と後輩にめちゃくちゃにされちゃった

    夢咲 花笑52600Views

  3. エロボイス配信者なお隣さんとおねだりエッチ

    chiharu39144Views

  4. 義兄の甘やかな執着。媚薬で溺れた私は義兄に処女を差し出した…

    chiharu31616Views

  5. ロールキャベツ男子は二度美味しい

    十月夏葵22919Views

  6. 夫との営みに不満を持っていた私。自分ばっかり気持ちよさそうな夫に腹が立って上になってみたら…!?

    夢咲 花笑22691Views

  7. 二度目の初体験

    月島満22155Views

  8. 雨宿りから発展した同期との仲

    夢咲 花笑20700Views

  9. 色魔に取り憑かれた私の長い一日

    AYA18715Views

  10. 初恋の幼馴染からの告白。両思いの夜は甘くとろけて

    chiharu18426Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛のあるSEX 愛撫 キス クリ責め クンニ ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ ラブラブ ベッド以外 乳首 働く女性 潮吹き いじわる 言葉責め 彼氏 胸きゅん フェラ 年下クン 年上の男性 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル えろい 中出し

すべてのタグを見る