終わらない初めての夜~メッセージと2つのプレゼント~

・作

未奈の会社に届いた小さな段ボールは5歳年上の彼氏、直樹から。中には『仕事が終わってから開けて』という手紙と2つの袋。スマホに届く直樹からのメッセージに従い、外に出て姿を探すと突然ピンクローターが未奈のクリトリスを刺激する。『カフェでもう1つの袋開けて』のメッセージ。中には…。

未奈は、外回りから帰って廊下を歩いていると、同僚の坂下健二に声を掛けられた。

「奥田、荷物来てる。代わりに受け取ったよ」

「ありがとう」

デスクの上にある小さな段ボールの依頼主は、付き合い始めて2週間の5歳年上の彼氏、藤田直樹。

1か月前。外回りで、偶然会った先輩と一緒にいた直樹。

「初対面で失礼だけど…彼氏…いる、かな?」

先輩の電話が鳴りその場を離れたとき、眼鏡を掛けた紅い顔の直樹と連絡先を交換した。

未奈は、丁寧に段ボールを開封し、一番上にあった封筒を取り出して読み始めた。

『仕事お疲れさま。仕事が終わってから袋開けて。直樹』

読み終わった未奈の子宮が疼いた。

先日、未奈の家に直樹のペニスの形のディルドが届き、電話で話しながら、ふたりでオナニーしたことを思い出した。

未奈は、さりげなく段ボールの中で1、2、と小さなシールが貼られた黒い袋にハサミで切り目を入れておき、手紙と一緒にバッグに忍ばせて、段ボールを片付けた。

椅子に座り直しPCモニターの電源をつけて時計を見ると、デスクの下で太ももを何度も擦り合わせた。

終業時刻まで1時間30分。

*****

5分ほど就業時間が過ぎた頃、未奈はトイレの個室でスマホに届いた直樹からのメッセージを読み、1の袋の中身を出すと、濡れたストッキングとパンティを脱いだ。

『お疲れさま。つけて外に出て。返信はダメだよ』

中身は、大きいピンクローターと、内側にポケットが付いた黒いパンティ。

ポケットにローターを入れて履くと、バッグでスマホが震えた。

『タクシー乗り場じゃない方向にグリーンのタクシーが停まってるから乗って』

急いで予備に持っていたストッキングを履き、バッグを持って個室を出た。

ペーパータオルで濡れた手を拭くと、こっそり指の匂いを嗅ぎトイレを出た。

濃い蜜の匂いが鼻をくすぐり、未奈はローターが入ったパンティを濡らして歩いて行った。

ビルを出るとスマホを握りしめ、タクシー乗り場がない方向に歩いた。

「奥田」

同僚の坂下が声を掛けてきたと同時に、ローターが音を立てて震え出し、濡れたクリトリスを刺激し始めた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu72399Views

  2. 女性をイカせるための機械開発

    夏野38238Views

  3. 高熱は媚薬

    月島満37700Views

  4. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA26897Views

  5. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛26306Views

  6. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑25619Views

  7. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑24161Views

  8. 勘違いな片思い

    月島満20475Views

  9. 優しいはずの上司にグイグイ迫られた私は、身も心も強引に暴かれる

    夢咲 花笑19910Views

  10. 1年半も彼氏が手を出してくれなくて自分からお誘い!甘く優しく解されてやっと一つになれた夜

    夢咲 花笑17573Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 イキっぱなし 乳首責め 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし 好きな人 ちょっと過激に スリル 中出し OL

すべてのタグを見る