ほろ苦い初体験は『上書き保存』

・作

従兄弟の結婚式で再会した葵のほろ苦い初体験の相手、淳也。披露宴が始まる直前に、葵は淳也に声をかける。式場を後にしたふたりが向かったのは、このホテルの一室。大人の男性になった淳也と、あの頃よりも美しい葵。あの頃と変わったふたりは、初体験を上書きする。

遊んだ記憶のない従兄弟の結婚式場で、葵は視線を泳がせて人を探していた。

数10年振りに会う親戚の人たちに挨拶をしていると、背の高い若い男性を見つけ、葵はゆっくり近づいた。

「淳也くん?」

葵に声をかけられた男性は、驚いた様子で振り向いた。

「あ、葵さん、お久しぶりです」

あのときのように顔を紅潮させて葵を見つめている。

「覚えてくれてたんだ、嬉しいな」

葵は淳也に向かって小さく呟いた。

「ちょっと、いい?」

葵は淳也の返事も待たずに、式場の目立たないドアへ向かって行った。

披露宴は暗転し音楽が流れ始めている。

式場から姿を消した葵を追い、淳也は重いドアを開けて明るく照らされた廊下に出た。

廊下の柱にもたれている葵の腕を取ると、

「オレ、謝らないと、あのとき初めてで、オレ」

淳也は顔を紅潮させながら続きの言葉をいう前に、葵は言葉を重ねた。

「ねぇ、その思い出、上書きしようよ」

葵は淳也の手を取ると走りだし、エレベーターの前に来ると、下のボタンを押した。

エレベーターのドアが開くと、ふたりは人の波をぬって身体を滑り込ませた。

1階に着くと、淳也が葵の手を握りフロントに向かった。

淳也は葵の手に指を絡ませると、予約していた部屋を変更しチェックインした。

「ここで、いい?」

淳也は微笑むと、ふたりは再びエレベーターに行き上に向かった。

*****

部屋に入ると同時に、お互いの唇を奪うように激しいキスをしながら、今夜のための特別な服を脱がし合った。

「今日、シングルだったのに」

壁を触り入口の明かりをつけた淳也は下着姿になった葵を眺め、甘いため息をもらした。

「淳也くん、私」

壁のスイッチを探している葵の手を、淳也は壁に押しつけた。

「葵さん、イヤだったよね、明るいの」

葵の唇に舌を這わせると、淳也はゆっくりと唇を離し

「オレ見たいんだ、葵さんのこと」

淳也はベルトに手をかけると、葵の白い手が重なった。

葵は淳也のボトムのベルトを緩めてボタンを外しジッパーを下ろして、ひざまずくと、不安そうな表情を浮かべた。

初体験のとき、淳也の大きなペニスは、葵の秘部の途中までしか入らなかったことを思い出したからだ。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな56653Views

  2. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな46500Views

  3. 官能小説を読んでいるのが男友達にバレました

    十月夏葵37959Views

  4. 大好きな彼氏に嫌われたくなくて、執事に頼んでエッチなレッスンはじめました。

    八代もも35235Views

  5. 別れた元カレの部屋で二人きり。心の中で彼女に謝りながら今夜だけの関係を求めたら…

    八代もも21829Views

  6. 媚薬を盛られて仕方なくワンナイトのつもりだったのに…

    baisu21320Views

  7. 止まらない振動に快楽堕ち

    天音澪莉20134Views

  8. 愛し合って、ぬくもりを。

    天音澪莉14693Views

  9. アプリで知り合った10歳年上の男性と初めての中イキ

    黒子せな13922Views

  10. 推しの彼と二人だけの秘密

    勝田12840Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 中出し 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る