復讐の淫夜

・作

由美は街コンで昔の男・康太と再会した。康太の甘い言葉と身なりのよさに惹かれ、誘われるままホテルへ向かう。かつて自分が康太にした仕打ちを、由美は忘れかけていた…。捨てられた男の淫靡な復讐が今夜始まる…!

あの頃のツケが回ってきたのだと思った。

「あぁっもうダメっ…ぁああんっ!」

「嘘つくなよ。コレが好きなんだろ?」

私の最奥を突き上げながら、康太がニヤリと笑う。

膣奥にペニスを押し当てたまま、グリグリと腰を回した。

「ぁっああっ!奥…壊れちゃう…あああッ!」

内臓が押し上げられ、下腹部が焼けるように熱い。

かき回されるたびに上がる嬌声は、自分とは思えないほど淫靡だった。

「はぁあんッ!ああっあぁンンっっっ!」

「へぇ、由美って本気で感じるとAVみたいな声出すんだな」

「ちがっ…」

「照れる必要ないさ。もう化けの皮は剥がれてるんだから」

康太は不敵な笑みを浮かべると、激しいピストンを開始した。

「ああっああああんっ!やめてぇっイっちゃうっ!!」

ペニスはさっきより硬さを増し、鋭く私の淫壁をえぐる。

康太は私の耳元に顔を寄せると、ねっとりと囁いた。

「なぁ、どんな気分だよ?ゴミみたいに捨てた男にイカされるのはさ…」

狂気を孕んだ声が、次第に低くなっていく。

私は絶頂に上り詰めながら、若かりし頃の愚かな自分を恥じた。

「あんなに大事に抱いてやったのに…調子に乗りやがって」

かつて退屈なほど優しかった男を、私は壊してしまった。

これはその罰だろうか。

10年の時を経て、昔捨てた男に私は犯されている。

*****

「…もしかして康太?」

再会は同僚と参加した街コンだった。

「久しぶりだね、由美」

すらっとした長身に、品のある顔立ち。

腕に光る高級腕時計を見つけた同僚が、私の脇腹を小突いた。

康太は大学時代に遊んだ男の一人だった。

当時の私は友人間で男のスペックを競っていた。

見た目、学歴、収入、家柄、それにセックス。

それぞれに点数をつけて、誰の男が最もハイスペックか競い合う。

手札は多い方が有利なので、同時に複数の男と付き合っていた。

若さと美貌を持て余した女の下衆な遊びだ。

康太はその遊びが下火になった頃に出会った男だった。

良家のおぼっちゃんで、顔も学歴もそれなりに良い。

性格は大人しく、絵に描いたような優男だ。

それと途中で眠ってしまいそうなほど、セックスがつまらない男だった。

「あいつの総合点はセックスが足引っ張ってんのよ」

私は友人らに康太のことをそう話し、当然のように別の男とも寝た。

そして季節が変わるころ、私は康太を捨てた…。

公開日:

感想・レビュー

1件のレビュー

復讐の淫夜のレビュー一覧

  • 作品ファンなので、新作嬉しいです!
    ありがとうございます

    17

    匿名 さん 2021年5月30日

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu66166Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満40186Views

  3. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA28307Views

  4. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛28153Views

  5. 女性をイカせるための機械開発

    夏野27847Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑25640Views

  7. 聖女様のお仕事

    AYA22186Views

  8. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑20999Views

  9. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野18551Views

  10. 10歳年下の少年野球のコーチに迫られ、久しぶりの快感に震えるシングルマザー

    ウスノワメビ18096Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし 好きな人 ちょっと過激に スリル 中出し OL

すべてのタグを見る