親友の彼女であるあたしを愛しそうに抱くあなた

・作

一度だけだと思った過ちは、二度、三度と繰り返してしまっていた。あの人にとってあたしは親友の彼女のはずなのに、どうしてこうなっちゃったのかな。だめなのに今日もまた彼の部屋に抱かれに向かう。イケナイ裏切りのsex。

「今日は何時?」

「今日は…、残業してくるから遅いっていってたよ」

「ふーん、あいつも忙しいんだな」

そういいながら、あたしを背後から抱き締める彼。

「ん、ぁ、ふぁ、ン…っ」

後ろからそのまま首を舐められ、声が漏れてしまう。
クイッと顎を引き寄せられて、キスされる。
口内を犯され、息継ぎも出来ずに激しく責められて、息が上がる。

「ふ、あン、ん、ぁ」

「あいつ、自分が仕事頑張ってる間に、彼女が俺とこんなことしてるなんて、想像もしてないだろうな」

「や、やだ…」

彼はあたしの乳首を弄びながらそういってくる。
初めは出来心でしたはずみでのSEXだったのに。気がつけば、彼の腕の中にいる回数が増えていった。

一瞬、彼氏の顔があたしの頭をよぎり、身体が強張る。

「逃げんな…」

そんなあたしをぎゅっと抱き締め、拘束する彼。
その手からは、あたしへの愛おしさが伝わってくる。
あたしを抱く彼の手に、そっと手を添える。

「…ごめんね」

「…謝んな」

彼はあたしの服を脱がせて、露わになった乳首を責めてくる。
舌で転がされ、反対は指で弄ばれて、快感があたしを襲う。

「あっ、ん、はあ、ン、ふぁ、ゃ、あん」

優しい愛撫はあたしの身体をどんどん火照らして、自然と声が大きくなる。

立ったままの体勢で愛撫を受けていると、脚はガクガクしてきて、何かにもたれないと立っていられなくなってきた。
ガクッと膝から崩れ落ちそうになっているあたしを、彼は寸前のところで支えてくれて、そのままいわゆるお姫様抱っこのかたちでベッドまで連れて行かれた。

*****

「…重くない?」

「重い、腕が折れそう」

「もう!」

「うそだよ、ちゃんと食ってる?軽すぎてビックリした」

ふわっと大切なモノを扱うように、優しく丁寧に、あたしをベッドへとおろす彼。

「食べてるよ」

あたしの返事を聞きながら、ゆっくりと優しいキスをされる。

「ん、ぁ、はぁ、ふっ」

甘いキスの嵐に酔いながら、ゆっくりベッドへと倒された。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな60130Views

  2. 会社のためのラブドール。優しい痛みに壊されて…。

    天音澪莉42227Views

  3. 大好きな彼とのセックスが淡白すぎて、一人エッチにはまってしまった私

    八代もも37008Views

  4. 淡白だと思っていた彼氏が一人でシてて…

    十月夏葵34845Views

  5. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな25799Views

  6. いつもと違う幼馴染から愛される夜

    勝田23927Views

  7. 裏垢女子~ヒミツもカラダも暴かれて~

    青海なぎ21796Views

  8. 弱みを握られた義父に無理やり犯される

    黒子せな18841Views

  9. 酔っ払い客の対応練習!?スタッフルームで憧れの先輩からの秘密の指導

    天音澪莉17468Views

  10. 夫に相手にされない私が勇気を出して快楽の園を訪ねる話。

    猫猫にゃん16588Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX ちょっと強引に キス 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る