親友の彼女であるあたしを愛しそうに抱くあなた

・作

一度だけだと思った過ちは、二度、三度と繰り返してしまっていた。あの人にとってあたしは親友の彼女のはずなのに、どうしてこうなっちゃったのかな。だめなのに今日もまた彼の部屋に抱かれに向かう。イケナイ裏切りのsex。

「今日は何時?」

「今日は…、残業してくるから遅いっていってたよ」

「ふーん、あいつも忙しいんだな」

そういいながら、あたしを背後から抱き締める彼。

「ん、ぁ、ふぁ、ン…っ」

後ろからそのまま首を舐められ、声が漏れてしまう。
クイッと顎を引き寄せられて、キスされる。
口内を犯され、息継ぎも出来ずに激しく責められて、息が上がる。

「ふ、あン、ん、ぁ」

「あいつ、自分が仕事頑張ってる間に、彼女が俺とこんなことしてるなんて、想像もしてないだろうな」

「や、やだ…」

彼はあたしの乳首を弄びながらそういってくる。
初めは出来心でしたはずみでのSEXだったのに。気がつけば、彼の腕の中にいる回数が増えていった。

一瞬、彼氏の顔があたしの頭をよぎり、身体が強張る。

「逃げんな…」

そんなあたしをぎゅっと抱き締め、拘束する彼。
その手からは、あたしへの愛おしさが伝わってくる。
あたしを抱く彼の手に、そっと手を添える。

「…ごめんね」

「…謝んな」

彼はあたしの服を脱がせて、露わになった乳首を責めてくる。
舌で転がされ、反対は指で弄ばれて、快感があたしを襲う。

「あっ、ん、はあ、ン、ふぁ、ゃ、あん」

優しい愛撫はあたしの身体をどんどん火照らして、自然と声が大きくなる。

立ったままの体勢で愛撫を受けていると、脚はガクガクしてきて、何かにもたれないと立っていられなくなってきた。
ガクッと膝から崩れ落ちそうになっているあたしを、彼は寸前のところで支えてくれて、そのままいわゆるお姫様抱っこのかたちでベッドまで連れて行かれた。

*****

「…重くない?」

「重い、腕が折れそう」

「もう!」

「うそだよ、ちゃんと食ってる?軽すぎてビックリした」

ふわっと大切なモノを扱うように、優しく丁寧に、あたしをベッドへとおろす彼。

「食べてるよ」

あたしの返事を聞きながら、ゆっくりと優しいキスをされる。

「ん、ぁ、はぁ、ふっ」

甘いキスの嵐に酔いながら、ゆっくりベッドへと倒された。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu72331Views

  2. 女性をイカせるための機械開発

    夏野38221Views

  3. 高熱は媚薬

    月島満37683Views

  4. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA26871Views

  5. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛26288Views

  6. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑25602Views

  7. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑24152Views

  8. 勘違いな片思い

    月島満20470Views

  9. 優しいはずの上司にグイグイ迫られた私は、身も心も強引に暴かれる

    夢咲 花笑19896Views

  10. 1年半も彼氏が手を出してくれなくて自分からお誘い!甘く優しく解されてやっと一つになれた夜

    夢咲 花笑17573Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 イキっぱなし 乳首責め 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし 好きな人 ちょっと過激に スリル 中出し OL

すべてのタグを見る