ホワイトデーの夜~デザートなふたり~

・作

麻友の彼氏は、5歳年下で甘えん坊の聡志。しかし今夜の聡志の雰囲気は『大人の男性』。年下と思えない聡志にリードされて、真っ暗な部屋の中、手作りのチョコをキスで味わう2人。ホワイトデーの前夜、初めて見る、男の聡志に麻友の興奮は止まらない!

スマホが鳴り、麻友は歩くのを止めて画面をのぞき込んだ。

『部屋にいるから』

普段とは様子の違う短いメッセージに麻友は胸騒ぎを覚えた。

『聡志?大丈夫?』

スマホに打ち込んで、聡志の返事を待った。

聡志からの返事がなく、麻友は駆け足で家路に着くと、ドアノブを掴み聡志の靴を確認した。

「聡志!、、大丈夫??」

いつもなら、麻友がドアを開けると、抱きついて来る聡志の姿はない。

「あ~おかえり麻友」

部屋の向こうから返事が聞こえ、麻友はホッとすると同時に聡志の行動を不安に思いながら、美味しそうな匂いが漂う部屋に入っていった。

「大丈夫?どこか悪いなら無理しなくていいから、横になって」

麻友は、バッグとストールを椅子に置きながらいうと、電子レンジを見ている聡志に身体をくっつけた。

聡志は麻友から身体を離すと、部屋の電気を消した。

電子レンジの明かりだけが、ぼんやりとキッチンを照らしている。

「オレ、、、麻友の弟じゃないから」

初めて聞く聡志の強い口調と低い声に、麻友は戸惑い何も言えなかった。

聡志は麻友の手首を力強く握ると、自分の身体に引き寄せて強く抱き締めた。

「麻友、オレの気持ち、、、わかってないだろ?」

麻友の顔をのぞき込んで聡志はいった。

予測がつかない聡志の言動と行動に、緊張して動けない麻友の柔らかな胸を、聡志は荒々しく揉んだ。

「、んンん」

「麻友、、オレ、男なんだよ?分ってる?」

聡志は麻友の耳元で囁くと、顔を近付けて、わざと視線を絡ませた。

初めて見る聡志の表情に、麻友の顔は一気に紅くなった。

聡志は、麻友の唇を食べつくすようなキスをした。

唇を重ねながら、聡志の指先は、麻友の太ももを触れたり離れたりして上がっていくと、濡れているパンティに触れた。

「ハぁんン、、、」

麻友が小さく喘ぐと、聡志の指先は方向を変えて、下へ向かっていった。

「オレ麻友のこと、じらしてるの、わかってる?」

そういうと、聡志は麻友の身体を押し倒した。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 年上の男性に翻弄される夜

    十月夏葵40089Views

  2. 何を考えているかわからないと思っていた先輩の心の声は甘々でした

    夢咲 花笑37391Views

  3. 憧れのお隣さんにハレンチな副業がバレてしまいました。

    井ノ中かわず29223Views

  4. 女子3人でパジャマパーティーして、配達員くんを美味しくいただいちゃった話

    まゆり25948Views

  5. 彼氏と同じ顔した双子の弟に寝取られます

    十月夏葵23476Views

  6. エッチな小説を書いているのが上司にバレて、夜のオフィスでお仕置きされちゃった話

    まゆり22753Views

  7. 家政婦の面接に行ったら情婦の面接だった。

    かぁゆ22665Views

  8. 月見をしていたはずなのにベランダでイジワルに責められちゃった夜

    夢咲 花笑19620Views

  9. ひとりエッチのオカズは片思いのあの人

    朝姫18054Views

  10. ここから先は勤務時間外です

    十月夏葵16843Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX 愛撫 クリ責め キス ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 指挿れ 乳首 イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き いじわる 言葉責め 胸きゅん 彼氏 フェラ 年下クン 好きな人 年上の男性 ちょっと過激に スリル 挿入なし 中出し OL

すべてのタグを見る