後輩くんに暴かれる

・作

高校時代の後輩と付き合い始めて二度目のエッチ。今日も優しく触れてもらって、私は幸せな気分を味わうの。終わったら一緒にベッドに入って、時々くすぐり合ったりふざけ合ったりしながら甘い時間を過ごす…はずだったのに、どうしてそんな意地悪言うの!?

「ねえっ、それ、や、だぁ!」
「嫌じゃないでしょ。だって、ほら」
「ぁ、んんっ…!あッ…」
「分かります?さっきより濡れてる」

美月は困惑していた。
目の前の恋人、卓はこんな人だっただろうか。
少なくとも行為が始まる数分前まではこうではなかった。
では、そういうときだけこうなるのだっただろうか。
前回、初めて体を重ねたときは確かにこうではなかった。

「美月さんのココ、いじるたびに音が大きくなってる」
「ゃ、言わ、な…んあぁッ」

カリ、と胸の突起に歯を立てられ、美月は体を震えさせて高い声を上げる。
これもだ。
前回はただひたすら、優しく舌先で転がして、ときどき音を立てて吸われて、指の腹で愛おしそうに愛撫するだけだった。
それが急に、一体どうしてしまったのか。
美月は困惑した。

「噛まれるの好き?俺の指すごく締めつけてますけど、気持ちいいの?」
「す、好きじゃない。気持ちよくない!」
「ふぅん。じゃあ、もっと頑張らないとですね」

先ほどより少し強めに噛みつかれ、舌で突起を押しつぶされる。
腰の辺りがズクリと疼いて、愛液が溢れたのを感じた。

どうして意地悪するの?

そんな意図を込めて卓を見つめると、クスリと笑って唇を塞がれた。

*****

「美月先輩、俺と付き合ってください」

美月が高校の部活の後輩だった卓と再会したのは、本当に偶然だった。
会社の同僚と立ち寄った居酒屋で、たまたま鉢合わせになったのだ。
そこで連絡先を交換して、時々飲みに行く仲になり、卓から美月に告白した。
数回のデートののち、肌を重ねた。
卓は優しく、壊れ物でも扱うかのように美月に触れた。
美月はそれを愛されてると感じたし、幸福感で満たされた。

それなのに、今日は打って変わって卓の手つきは少しばかり荒々しい。
特別痛いとか乱暴とか、そういったわけではないけれど。
そのギャップに、美月の思考は置いてけぼりだった。

「あぁぁッ、や、そこっ…吸っちゃ…んあぁァ!」

卓が美月の秘部に顔を埋め、快感で腫れた豆を吸い上げた。
中に入れたままの指の動きも激しさを増して、グチュリと卑猥な音が美月の耳に届いて耳まで熱くなる。
卓の指が弱い所を的確に責めてきて、美月は快楽の階段を一気に駆け上がっていく。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. ご主人様の言う通り…高額アルバイトの真実

    天音澪莉32580Views

  2. 会社のためのラブドール。優しい痛みに壊されて…。

    天音澪莉29199Views

  3. 友達にはバレたらいけない夜の出来事

    勝田27384Views

  4. なんで可愛い後輩君のペニスがこんなに巨根なの!?

    木沢22561Views

  5. 性感マッサージのセラピストにハマっちゃう!

    十月夏葵22415Views

  6. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな21743Views

  7. とってもタイプの配達のお兄さんに出逢ってしまい、誘惑してママから隠れてクローゼットでイチャイチャする話

    八代もも14950Views

  8. きっかけは花粉症?!意中の彼と両想いラブラブエッチ

    青海なぎ13914Views

  9. 弱みを握られた義父に無理やり犯される

    黒子せな13863Views

  10. 子犬系男子が残業続きで臭ってきたから、シャワーを貸してあげたら、懐いちゃった話

    八代もも13709Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス ちょっと強引に 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 乳首 思わぬ展開 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 OL ちょっと過激に スリル 挿入なし

すべてのタグを見る