いぢわる☆パレード

・作

同棲して一年も経たない、真(しん)ちゃんと、私。真ちゃんの、三週間の出張が決まってしまった。寂しいのは少しの間だけ。お見送り初日の出張先の街で…。「ねぇ、聡子の卑猥な姿、撮っておきたいんだけど。ここでも、あそこでも…」真ちゃんのおねだりならと、心も身体も開いていく…。

「やっぱり…無理…。電車、降りよう?」

なんとか呼吸を整えようと、私は真ちゃんから身を離そうとする。

「何が、無理?」

にっこりと、揺れる電車の結合部分付近のドアにもたれながら。真ちゃんは余裕の笑みを浮かべる。この笑顔が私の「無理」を「いいよ…しても」にしてきた。

でも倫理的にやっぱり無理だ。カシャッ。私のスカートの下で、真ちゃんのスマホのカメラのシャッター音が鳴る。平日昼間。東京から離れた都市部の環状線内。青空が見え、座席にも人がまばらだ。とはいえ、無人ではない。そんな電車内で真ちゃんと向き合い、密着して腰を抱かれながら…。私は、大好きな彼に盗撮されている。そう、盗撮。いけないこと。

「よく撮れてる。後で見せるね」

スマホ画面を確認しながら真ちゃんは満足そうに笑う。私は見せなくていいよ、と首を横に振る。それでも、意地悪な彼は羞恥で俯く私のスカートの中に、サッと手を差し入れて、私の下着を引っ張り、淫部を食い込ませてしまう。

「えっ…い…やっ…」

「あはは、ごめん。嫌なことしない、って約束だったよねー。…やめるね?」

綺麗な目で覗き込まれる。そして私の耳に口を寄せ囁く。

「…聡子のいやらしい声が、車内に響いちゃうと…」

ふっ、と笑い声と共に真ちゃんの息が耳に吹き込まれる。

「恥ずかしいもんね?」

ガタン…ゴトン…。対向車とすれ違い、振動が強く身体に伝わる。

「スースーしちゃうかな?」

「…ね、元に戻していい?」

「ダメ。そのまま」

真ちゃんは心底楽しそうに窓の外を眺める。これから三週間、私と離れて、真ちゃんが出張で住む都市。知っている人とすれ違うことのない路線。一緒に暮らし始めてまだ一年経たないのに。正直、すごーくさみしい。現地の下見がてら、出張先へ前乗りするという真ちゃんに、二泊三日でくっついてきた。

「…真ちゃんが住むウィークリーマンションってどの駅にあるの?」

「えー、それは最後。聡子、この街に来るの初めてだよね?案内する。俺、短い出張では何度か来てるから」

「…その間、ずっとこのままなの?」

恐る恐るの私の質問に、にっこりと笑ってから耳元で。

「下着?そうだよ。俺の仮宅に着く前に脱ぐことになっちゃうかもね…濡れちゃって」

息をたっぷり含んだ真ちゃんの囁き。

「早く脱がせてほしい?でも我慢してね。たくさん、二人で楽しみたいから、この街で…おいで」

真ちゃんが私の手を握る。声音とは裏腹なその熱さ…淫らで甘い予感がする。ううん、私は会えない数日間を少しでも埋めるためだけに来たんだから。打ち消そうとしても、私の脚の間の熱は、真ちゃんの手よりも熱くて…濡れているのだけれど。

*****

「この時期のランチタイムのテラス席って、気持ちいいね」

先日までの厳しい夏の暑さは嘘のように、秋風が涼しく、陽射しも和らいでいる。レストランのお手洗いで下着をこっそり整え直した私は涼しい顔で、アスパラとベーコンのパスタを食べている。真ちゃんはイカ墨のパスタと、アンチョビのピッツァを完食済みで、サングリアを飲んでいる。

「俺が忙しかったからね。外食なかなかできなくて、ごめんね」

「ううん。おウチご飯好きだよ。真ちゃん疲れていても作ってくれるし、ありがと」

「こちらこそ。聡子の和食好きだよ。俺、洋か中華しか強くないから。…ねぇ」

「ん?」

「…どうだった?」

「えっ?」

驚く私の膝に、真ちゃんの膝があたる。そして足でそうっ、と、でも強引に私の膝を割ってくる。

公開日:

感想・レビュー

4件のレビュー

いぢわる☆パレードのレビュー一覧

  • ちょっとダラダラ

    ちょっとダラダラした話でした。
    単に長いからでなく、なんとなく歯切れが悪く情景がわかりづらいイメージです

    5

    さわら さん 2021年1月5日

  • 白昼夢の様な甘い妄想に浸れました

    主人公の期待や想像する様に自分も重なり、甘い妄想に入り込んでしまいます。
    声音の描写に、好きな声を思い浮かべて…。

    丁寧な描写がそのまま焦らしの様な、最初から最後まで、強弱愛撫された様な気分です。

    実際には出来そうもないシチュエーションだからこそ、読んで想像して、されたくない、されたい…という絶妙ないぢわるさを味わえました。

    2

    ひつじ さん 2021年1月13日

  • 星をつけ忘れたました

    非常に好みなので、繰り返し読んでおります!

    2

    ひつじ さん 2021年1月13日

  • 真ちゃんのたまに出る敬語が好きでした。

    3

    コユビ さん 2021年1月23日

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu72362Views

  2. 女性をイカせるための機械開発

    夏野38234Views

  3. 高熱は媚薬

    月島満37683Views

  4. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA26885Views

  5. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛26300Views

  6. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑25603Views

  7. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑24157Views

  8. 勘違いな片思い

    月島満20475Views

  9. 優しいはずの上司にグイグイ迫られた私は、身も心も強引に暴かれる

    夢咲 花笑19910Views

  10. 1年半も彼氏が手を出してくれなくて自分からお誘い!甘く優しく解されてやっと一つになれた夜

    夢咲 花笑17573Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 イキっぱなし 乳首責め 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし 好きな人 ちょっと過激に スリル 中出し OL

すべてのタグを見る