同棲中のカレにエッチなおねがい

・作

 同棲して5年のユミと俊太郎はベッドは一緒だけど最近はごぶさた。そんな中、寝ているユミにいきなり俊太郎が硬いものを押し付けてきて…?「寝てる間に入れられるのが好きなんだ?」しゅん君?!私のカレ、急にどうしちゃったの?!

なんか…、からだ熱い…。

ユミは真夜中に目を覚ました。
朝晩はだいぶ涼しくなってきたため、窓を開けて寝ていたはず。それなのになんだか寝苦しい。

なんだろう…。

寝ぼけたユミは、耳元に熱い息づかいを感じた。

…何…?…え?…しゅん君…?!ウソ…!どうしたの…?

同棲して5年の俊太郎とユミはセックスに淡白だ。

特にユミは、セックスに積極的な態度を見せるのは恥という考えの持ち主で、2人はおのずと「ごぶさた」状態となっていた。

とはいえ、ユミにも恋人らしい同棲生活をしたいという気持ちがあり、内心は俊太郎からの誘いを待っていた。

ベッドは一緒だけど、さみしいよ。
ホントはもっとしゅん君とエッチしたいのに…。

そう思いながらいつも通り2人で横になり、眠りについたのだった。

けれど今、俊太郎はユミの背中から腕を回し、タンクトップをたくし上げている。ユミは暑がりで、ここ最近はタンクトップとショーツだけで眠っていた。

俊太郎はたくし上げたタンクトップの裾から大きな手を差し入れ、ユミの小ぶりな乳房をまさぐっている。

ユミは、自分のお尻に硬いものが当たっているのを感じていた。

あ…、しゅん君のが…。

しゅん君、セックスしたかったの?

俊太郎の手がユミのショーツにかかり、クロッチの部分がめくられた。ユミの潤んだひだに長い指がすべり込む。

湿ったユミの割れ目に硬くなったものがあてがわれる。寝ている間の愛撫に反応して、ユミの愛液はあふれ、すぐにでも俊太郎のモノを受け入れようとしていた。

あ…、しゅんくんの…、入ってくる…。

俊太郎は横たわったユミの後ろから一気に押し込んだ。

すご…!奥…、入ってきたぁ…。

ユミの肩が浅い呼吸で上下している。

「…まだ寝たフリしてんの?ねぇ?」

「ん…、しゅんく…ん…」

俊太郎は一気に押し込んだソレを、今度はゆっくり引き抜くようにして、また一気に奥まで差し込んだ。

「んんっ!」

ユミは小さくうめいた。

「ユミはえっちだね。勝手に身体使われてるのに、こんなにびちょびちょにして。寝てる間に入れられちゃうのが好きなんだ?」

俊太郎はユミの首筋を舌でなぞりながら、濡れたショーツをまさぐり、クリトリスをなぞりはじめた。

「パンツの上からでも、濡れてるのわかるよ」

俊太郎が指でユミのクリトリスをもてあそぶと、さらに愛液があふれてきた。

「やらしい。いじられてユミのここ喜んでるよ」

俊太郎のペニスを呑み込んでいる一番奥も入り口も、ビクビクしているのを感じて、ユミは赤面していた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 会社のためのラブドール。優しい痛みに壊されて…。

    天音澪莉43381Views

  2. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな31493Views

  3. ご主人様の言う通り…高額アルバイトの真実

    天音澪莉29083Views

  4. 友達にはバレたらいけない夜の出来事

    勝田26113Views

  5. 弱みを握られた義父に無理やり犯される

    黒子せな25041Views

  6. とってもタイプの配達のお兄さんに出逢ってしまい、誘惑してママから隠れてクローゼットでイチャイチャする話

    八代もも22378Views

  7. なんで可愛い後輩君のペニスがこんなに巨根なの!?

    木沢17722Views

  8. 裏垢女子~ヒミツもカラダも暴かれて~

    青海なぎ14672Views

  9. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな14431Views

  10. 性感マッサージのセラピストにハマっちゃう!

    十月夏葵13272Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス ちょっと強引に 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 乳首 思わぬ展開 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 OL ちょっと過激に スリル 挿入なし

すべてのタグを見る