そんなところに入れないで

・作

新婚夫婦の智弘と美月は、お互いの身体をむさぼり合う日々を送っている。そんなある日、智弘は美月にアナル開発を提案する。ゆっくりと進むアナル開発の初日、美月は胸を高鳴らせながら腰を突き出す…。

「もう…、いや…」

新婚の美月は、智弘との夫婦の営みの最中に快感に溺れながら、思わず声を漏らした。

「へぇ…おかしいな。こんなにグチョグチョにしてるのに?」

「見ないでぇ…」

太ももまで伝う愛液が、ベッドサイドの明かりに照らされて、ぬめぬめと光り輝いていた。

美月はアイドル時代にステージで身につけていた女子校生風の可愛らしい衣装で、ベッドに四つん這いになっていた。

可愛らしい胸は露わになり、ツンとしたヒップは、智弘を誘っていた。

智弘は、太ももに口づけると、舌先を尖らせ、愛液を舐めとった。

美月は焦らされて耐えられず懇願した。

「…おねがい…意地悪しないで、美月のココ…いじってぇ…」

「もう、指が入ってるじゃないか」

「…違うのぉ…そこは違うからぁ…もう嫌、やめてぇ…」

美月は口では嫌だと言ってはいるが、甘い吐息を漏らしていた。

ぐっしょりと濡れた蜜壺は、太いモノが押し込まれるのを今か今かと待ち続けて、切なそうにしている。

本来は、蜜壺をかき混ぜるはずの智弘の指は、別の場所を弄んでいた。

コンドーム付きの人差し指は、美月の後ろのすぼまりに、根元まで埋め込まれていた。

「おかしいなぁ、尻の穴に指を入れられてるだけでこんなに濡らして、変態じゃあないのか?」

「あぅ…変態なんて言わないでぇ…」

「仕方ないじゃないか。こんなに濡らしているんだから、美月がそう思わせてるんだぞ」

「ご…ごめんなさい、美月…変態なんでしょうか…」

「そうだ、ものすごく変態だぞ」

「ぁあッ…」

はじめてのアナルへの刺激だったが、ローションでたっぷりと湿らせた智弘の人差し指は、すんなりと美月の内側へと沈み込んでいき、もう一本の指も飲み込めそうなくらい、肛門はリラックスしていた。

美月は、頬を赤らめながら、濡れた秘所を突き出すように腰を高くあげていた。

*****

アイドルを卒業した美月は年上のプロデューサーの智弘と電撃結婚し、芸能界の表舞台から去った。今の仕事は、智弘の旺盛な性欲を一身に受け止め、日々奉仕し続けることだった。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな53858Views

  2. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな41766Views

  3. 大好きな彼氏に嫌われたくなくて、執事に頼んでエッチなレッスンはじめました。

    八代もも39326Views

  4. 官能小説を読んでいるのが男友達にバレました

    十月夏葵36847Views

  5. 媚薬を盛られて仕方なくワンナイトのつもりだったのに…

    baisu28532Views

  6. 止まらない振動に快楽堕ち

    天音澪莉22051Views

  7. 別れた元カレの部屋で二人きり。心の中で彼女に謝りながら今夜だけの関係を求めたら…

    八代もも20531Views

  8. 幼馴染と再会し一週間お試しで付き合うことにOKしたけど、キスの先を望むくらい欲情が溢れて…

    八代もも14387Views

  9. アプリで知り合った10歳年上の男性と初めての中イキ

    黒子せな14265Views

  10. 愛し合って、ぬくもりを。

    天音澪莉14246Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 中出し 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る