人妻の秘密~息子の家庭教師~

・作

マンションに暮らす人妻の綾子には、息子の家庭教師との秘密があった。家庭教師の安田が、約束の時間より少し早く到着すると、二人の時間が始まる。二人きりの室内に、いやらしい水音が響き渡る…。

オートロックのマンションに、一人の青年が訪れ、部屋番号を押すと、落ち着きはらった声でマイクに話しかけた。

「こんにちは安田です。ちょっと早く着いてしまいました。ご迷惑でなければ、待たせていただいてよろしいですか?お母さん」

約束の時間よりも少し早い、息子の家庭教師の訪問。

これが二人の合図だ。

――息子はまだ帰らない。

綾子はインターホンで安田の顔を確認すると、明るく了承し、解錠ボタンを押した。

エレベーターは間もなく到着するだろう。綾子は胸を高鳴らせながら、玄関で安田を待ち受けた。

呼び鈴が鳴る。

綾子はすぐに扉を開けた。

「どうぞ、先生」

「では、お邪魔します」

いつもの決まり文句で、綾子は安田を招き入れた。

安田は靴を脱ぐと、きちんと揃えて端に寄せた。これを見て、息子の孝太郎は「先生!ただいま!」とリビングへ駆け込むのだ。そう、綾子の夫が帰ってきたとしても、不審には思われない。

安田は綾子の家族から信頼を得ていた。

「はぁ…綾子さん、会いたかった」

短い廊下をもつれあいながら進む二人は、リビングに入ると、いつものように、一番奥まった場所にあるソファーに腰掛けた。

綾子は安田のチノパンのチャックを手早く下ろし、ペニスをむき出しにした。

「…安田君、舐めて元気にしてあげようと思ってたのに、もうこんなにしてる…」

「すみません…」

「…誰にも見られてない?」

静かに問いかけた綾子は、怒張した安田のペニスの先端を舌先で舐めると、唇をすぼめて一気に奥まで咥え込んだ。

「ぁあッ…マンションでは誰にも会いませんでした…」

しばらくペニスを弄ぶと、綾子は口を離した。そして、左手で濡れたペニスを扱き始めると、安田の目をじっと見つめた。

「ふふ…人じゃなくて…。こんなに大きくして…、膨らんだズボン、見られてない…?」

「あ…これは…途中で勃っちやって…カバンで隠してたから…ああッ…綾子さん…」

綾子は、再びペニスを咥え、頭を激しく上下させた。安田は快感にのけぞりながらも声をこらえている。

綾子はペニスから口を離すと、ソファーに座る安田の肩に手を掛けた。

「いいのよ…恥ずかしくないわ…私も同じ…」

綾子は潤んだ瞳で安田を見つめ、両手で細かいプリーツの入った柔らかい生地のスカートをたくし上げた。

白い太腿が露わになった。

いつものように、綾子はスカートの下には何も身につけていない。安田の訪問する日は、いつもスカートの下には何も身につけずにいるのだ。

「安田君のおちんちんと一緒ですごく濡れてるの…」

「綾子さん…!」

安田は、綾子を強く抱きしめた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 性感マッサージのセラピストにハマっちゃう!

    十月夏葵46771Views

  2. 年上の甘い彼氏に調教されてます

    十月夏葵41562Views

  3. 友達のままだったら知らなかったこと

    勝田38198Views

  4. ヤンチャな彼氏におもちゃを使ってお仕置きされる

    川海月37637Views

  5. 名前も知らないイケメンのいたずらから大学の空き教室で…♡

    青海なぎ35125Views

  6. セクサロイドを買って中イキまで開発してもらいました

    アオイチョウチョ32650Views

  7. 片思いの相手には彼女がいてクンニ好きだった。それを知ったクンニ好きの私が彼に舐めてほしいといってみたら…

    八代もも31929Views

  8. 彼氏の浮気現場を尾行していたら、超絶イケメンに口説かれて…

    八代もも25961Views

  9. なかなか手を出してくれない憧れの先生の、こじらせた性癖をぶっ刺した夜

    まゆり19081Views

  10. 憧れの先輩と行くことになった出張先の夜。

    猫猫にゃん18162Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス ちょっと強引に 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 乳首 思わぬ展開 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 彼氏 潮吹き 胸きゅん いじわる フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 OL スリル ちょっと過激に 挿入なし

すべてのタグを見る