おれと一線を越えてよ

・作

「同じサークルの人に告白された」と幼馴染の梓は言った。彼女の好意にあぐらをかいていたおれは、その一言に途端に焦り始める。梓が自分の側にいてくれなくなるかもしれない、そう思ったとき、おれは無意識に梓をベッドに押し倒していた。

「同じサークルの人に告白されたの」

隣に座っていた彼女は、おれにそう言った。

*****

「花火キレイだったね」

と、梓は笑った。花火も終わり薄暗い夜道、手が触れ合わない距離で、おれもそうだね、と答えた。

梓とは家が隣同士で、高校まで同じ学校だった。

互いに目指すものが違ったので、進む大学は別々になったが、連絡は今でも取り合っているし、週末にはこうしてよく一緒に遊んでいる。

「このあと、どーする?」

「あー……、おれん家来る?新しいゲーム買ったんだよね。どう?」

「いいじゃん!行く!何買ったの?」

子犬のように懐こく梓が相好を崩した。歯が見えるほど大きく笑うと、右頬にえくぼが浮かぶのだ。梓は。

「何買ったか当ててみてよ。当てたら先にやらしてやるけど」

そう言うと、梓は真剣に考え出した。

梓の答えに、違うよ、ハズレ、など少しからかいながら言ってやると、梓は本当に悔しそうに地団駄を踏む。

梓がこうやって感情をあらわにするのはおれの前だけ。

おれも梓といるのがとても楽しい。こんなに一緒にいて楽しいやつ、ほかにいない。

*****

「『おいみろ!海洋生物の村』じゃん!」

「そー、買ったんだよね。あと個人的にずっと欲しかったBDB。どっちからやる?」

「そりゃ、おい村からでしょ」

梓がゲーム機を手に取り、電源を入れる。ゲーム機を持ったまま、梓はおれのベッドに腰掛けた。梓もおれも実家暮らしなので、互いの部屋など自室も同然な寛ぎ方である。その様子を確認して、おれは立ち上がった。

「麦茶持ってくる。お菓子何食べたい?」

「いや何があるか知らんけど」

「おれのおすすめで持ってくるわ」

茶請けのお菓子はおれのおすすめで、ハッピーリターンにした。

*****

おぼんで手が塞がっていたので、ドアを蹴って部屋に入った。

「お菓子ハッピーリターンにしたわ」

梓の答えが返ってくるまでに、妙な間があった。

「梓、あずさ?」

「……。っあぁ、おいしいよね。ハッピーリターン」

「何、おまえハッピーリターンめっちゃ好きじゃん。どうしたその反応。なんかあった?」

「なんでもない、なんでもない。ちょっと考え事。ぼーっとしてた」

明らかにゲーム機を持つ手は強張っているし、おれに向ける笑顔がぎこちない。なんだその下手くそな笑みは。おれにそんな変な笑い顔見せんなよ。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな53807Views

  2. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな41690Views

  3. 大好きな彼氏に嫌われたくなくて、執事に頼んでエッチなレッスンはじめました。

    八代もも39308Views

  4. 官能小説を読んでいるのが男友達にバレました

    十月夏葵36833Views

  5. 媚薬を盛られて仕方なくワンナイトのつもりだったのに…

    baisu28524Views

  6. 止まらない振動に快楽堕ち

    天音澪莉22041Views

  7. 別れた元カレの部屋で二人きり。心の中で彼女に謝りながら今夜だけの関係を求めたら…

    八代もも20531Views

  8. 幼馴染と再会し一週間お試しで付き合うことにOKしたけど、キスの先を望むくらい欲情が溢れて…

    八代もも14376Views

  9. アプリで知り合った10歳年上の男性と初めての中イキ

    黒子せな14258Views

  10. 愛し合って、ぬくもりを。

    天音澪莉14244Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 中出し 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る