おれと一線を越えてよ

・作

「同じサークルの人に告白された」と幼馴染の梓は言った。彼女の好意にあぐらをかいていたおれは、その一言に途端に焦り始める。梓が自分の側にいてくれなくなるかもしれない、そう思ったとき、おれは無意識に梓をベッドに押し倒していた。

「同じサークルの人に告白されたの」

隣に座っていた彼女は、おれにそう言った。

*****

「花火キレイだったね」

と、梓は笑った。花火も終わり薄暗い夜道、手が触れ合わない距離で、おれもそうだね、と答えた。

梓とは家が隣同士で、高校まで同じ学校だった。

互いに目指すものが違ったので、進む大学は別々になったが、連絡は今でも取り合っているし、週末にはこうしてよく一緒に遊んでいる。

「このあと、どーする?」

「あー……、おれん家来る?新しいゲーム買ったんだよね。どう?」

「いいじゃん!行く!何買ったの?」

子犬のように懐こく梓が相好を崩した。歯が見えるほど大きく笑うと、右頬にえくぼが浮かぶのだ。梓は。

「何買ったか当ててみてよ。当てたら先にやらしてやるけど」

そう言うと、梓は真剣に考え出した。

梓の答えに、違うよ、ハズレ、など少しからかいながら言ってやると、梓は本当に悔しそうに地団駄を踏む。

梓がこうやって感情をあらわにするのはおれの前だけ。

おれも梓といるのがとても楽しい。こんなに一緒にいて楽しいやつ、ほかにいない。

*****

「『おいみろ!海洋生物の村』じゃん!」

「そー、買ったんだよね。あと個人的にずっと欲しかったBDB。どっちからやる?」

「そりゃ、おい村からでしょ」

梓がゲーム機を手に取り、電源を入れる。ゲーム機を持ったまま、梓はおれのベッドに腰掛けた。梓もおれも実家暮らしなので、互いの部屋など自室も同然な寛ぎ方である。その様子を確認して、おれは立ち上がった。

「麦茶持ってくる。お菓子何食べたい?」

「いや何があるか知らんけど」

「おれのおすすめで持ってくるわ」

茶請けのお菓子はおれのおすすめで、ハッピーリターンにした。

*****

おぼんで手が塞がっていたので、ドアを蹴って部屋に入った。

「お菓子ハッピーリターンにしたわ」

梓の答えが返ってくるまでに、妙な間があった。

「梓、あずさ?」

「……。っあぁ、おいしいよね。ハッピーリターン」

「何、おまえハッピーリターンめっちゃ好きじゃん。どうしたその反応。なんかあった?」

「なんでもない、なんでもない。ちょっと考え事。ぼーっとしてた」

明らかにゲーム機を持つ手は強張っているし、おれに向ける笑顔がぎこちない。なんだその下手くそな笑みは。おれにそんな変な笑い顔見せんなよ。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 後輩に媚薬を盛られて、彼氏と後輩にめちゃくちゃにされちゃった

    夢咲 花笑52647Views

  2. 出張の夜、優しいイケメン同期が豹変。強引な愛撫に溶かされて…

    chiharu52031Views

  3. エロボイス配信者なお隣さんとおねだりエッチ

    chiharu39162Views

  4. 義兄の甘やかな執着。媚薬で溺れた私は義兄に処女を差し出した…

    chiharu31669Views

  5. ロールキャベツ男子は二度美味しい

    十月夏葵22925Views

  6. 二度目の初体験

    月島満22165Views

  7. 夫との営みに不満を持っていた私。自分ばっかり気持ちよさそうな夫に腹が立って上になってみたら…!?

    夢咲 花笑21205Views

  8. 雨宿りから発展した同期との仲

    夢咲 花笑19887Views

  9. 色魔に取り憑かれた私の長い一日

    AYA18717Views

  10. 彼に構ってもらえなくて、寝ている彼の横でオナニーを始めた私

    夢咲 花笑18379Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛のあるSEX 愛撫 キス クリ責め クンニ ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ ラブラブ ベッド以外 乳首 働く女性 潮吹き いじわる 言葉責め 彼氏 胸きゅん フェラ 年下クン 年上の男性 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル えろい 中出し

すべてのタグを見る